専業ライターになるには?収入はいくら?現役ライターにインタビュー!
スポンサーリンク

こんにちは、狛江人(@komaebito)です。

 

最近は色々な副業も出てきましたが、その中にライターという仕事があります。

 

もちろん副業ではなく、専業としてプロで活動して行くこともできる職業です。

 

最近はパソコンもインターネット環境もあるので、独立して自分でフリーランスのような形で仕事をしていく人も増えています。しかし、専業のライターになるにはどうすれば良いのでしょう。今回は自分の知り合いの、現役プロウェブライターさんに話を聞いてみました。

スポンサーリンク

ライター紹介

今回お話を伺ったのは、現役プロライターでWeb案件を中心に執筆されているAさん。

 

10年くらいウェブで文章を書いていて、昨年末から独立されたそうです。独立直後は完全な無名のライターさんだったそうですが、今では大手広告代理店や上場企業からのオファーもあり、徐々に単価も上がっているとのことでした。

スポンサーリンク

そもそもライターの仕事とは?

そもそもどういった仕事をしているのかと聞いてみたところ、AさんはWeb関係中心のライターさんとのことでした。

 

例えばWebに載せる文章にはSEOライティングという技術が必要なんだそうです。

 

これは検索エンジンに、より表示されやすい言葉遣いやキーワードを埋め込みながら執筆するという技術で、通常のライティングとは少し違うのだとか。その他にも、商品を売り込むセールスライティングという仕事を、担当するケースもあるそうです。

スポンサーリンク

プロライターになるには?

プロのウェブライターになるには、どうすれば良いかと聞いてみたところ、特に用意するものはないそうで、強いて言えばパソコンとインターネット環境と気合だそうです(笑)

 

最近は仕事をクラウドソーシングサイトなどで取ってくることができるようになりましたし、直接SNSなどに登録しておいてクライアントさんに営業かけていく、というスタイルもできるそうです。

 

ちなみに、仕事を取るために有料会員制のSNSに登録する人もいるそうですが、これはあまり意味がないらしく、基本的には無料のSNSなどでクライアントさんに声をかけて営業を行うという感じだそうです。

どのくらい稼げるのか?

人によってまちまちだそうですが、専業で本当にライターだけでご飯を食べているAさんの場合は、月収50万円から100万円程度になるそうです

 

ただしフリーランスなので、案件が途中でいきなり終了になっても、文句は言えないということでした。このあたりは、雲行きを判断できるくらいのシビアな営業のセンスや、ビジネススキルがあると「なお良し」ということでした。

 

基本的に、ライターの仕事は原稿を一本書くことにもらえる記事単価という計算方式か、一文字書いたらいくらという文字単価という方式で、仕事を取って来るそうですが、初心者のうちは、文字単価で金額が決まることもあるそうです。完全に無名の新人としてデビューした時、Aさんも一文字あたり0.1円という金額で仕事を請けたこともあったそうです。

 

ただし最近は業界全体の単価も少し底上げされてきていて、まともな案件なら、単価0.5円というケースもあるようでした。こうなると2000文字の記事を一本書くと、1000円。一日一万文字を書くと、5000円という計算になりますね。

ライターの1日はどんな感じ?

プロライターとしての一日は、普通のサラリーマンの生活とあまり変わらないようでした。

 

特にAさんの場合は、朝8時には作業環境にいて、お客さんからのメールをチェックしたり、連絡を取ったりするそうです。そこから朝9時半頃まで作業をして、そこからは原稿の執筆などに入るということでした。そこから6時間くらいは、原稿を執筆し続けて、夕方5時には仕事を終わるというのがスタイルだということでした。

 

1日におよそ1万から2万文字程度執筆することができれば、ある程度生活していける金額の報酬を得ることができるそうです。

ライターになるには資格が必要?

これもAさんに聞いてみたところ、ライターになるには特に資格は必要ないそうです。

 

というより、資格はあくまでもアクセサリーに過ぎず、まずは実力や自分の得意分野、そして自分の書く文章を、相手先に見てもらって気に入られないと、全く意味がないとのことでした。

 

自分がもしコスメのジャンルに詳しければ、コスメのジャンルに特化したブログをやっていると、それが名刺代わりになるかもしれないから、資格を取る時間をかけるくらいなら、そういったブログを書いた方が、百倍効果的なのではないかと、Aさんはおっしゃっていました。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

まだまだ伺ったことはたくさんあるのですが、今回はまず、このくらいにしておきます。

 

フリーランスとしての生活が長いとのことで、Aさんからは様々なお話を伺うことができました。

 

この辺りの内容についてもまた、ご紹介していこうと思います。ちなみにAさんは自分のブログの読者さんだそうで、ハイボールの晩酌に、最近ははまったという情報もあります(笑)

スポンサーリンク