なか卯ちょい飲みがコスパ最強!ビール280円・唐揚げ100円【1000ベロ】
スポンサーリンク

こんにちは、狛江人(@komaebito)です。

みなさん、なか卯をご存知でしょうか?

吉野家や松屋に比べるとやや知名度が落ちしてしまいますが、丼ものやうどんを格安で提供している牛丼チェーン店の一つです。

なか卯でも「チョイ飲み」サービスを始めているということで「日高屋」に引き続き、調査をしてきました。

なか卯でどんなおつまみあるの?

なか卯のドリンクはどのくらい?

なか卯の飲みはコスパいいのかな・・・?
こんな疑問を持っている方はぜひ最後までご覧いただけると嬉しいです。
スポンサーリンク

ちょい呑みなか卯拡大中

ホームページにはこんな感じでPRしています。

なか卯では、お仕事帰りにちょっと一杯♪ちょい呑みができる【呑み卯】を一部店舗で実施中!

好評につき店舗を拡大しておりますので、ぜひお立ち寄りください!

毎日17時から翌2時まで、毎日元気に営業します!

公式ホームページ
実施店舗は、こちらを参照ください。
スポンサーリンク

まずは、ビール(280円)

まずは、飲み物から。

やっぱりビールですね。しっかり「キリン 一番絞り」のジョッキが280円は安いですね!

日高屋以下の価格で飲むことができます。

その他の飲み物
・レモンサワー
・グレープフルーツサワー
・サントリー角ハイボールいずれも280円

せんべろ好きが絶対行きたくなるお店が満載

せんべろ好きには必須の一冊です!

スポンサーリンク

つまみの種類はやや少なめ

つまみメニューはちょっと少なめに感じるかもしれません。

が、あくまで「ちょい呑み」なので、これぐらいあればちょっと飲むには十分かなという気もします。

おつまみ(190円)
・枝豆
・フライドポテト
・旨味唐揚げ
・ポテトサラダ
おつまみ(280円)
・牛スジ煮込み
・ピリ辛手羽
・炭火焼鳥2本
・牛皿
その他おつまみ
・カツとじ皿(490円)
・牛とじ皿(440円)

せんべろ好きが絶対行きたくなるお店が満載

コスパ最強組み合わせ

では、「なか卯」チョイ飲みのコスパ最強のおすすめ組み合わせを紹介していきます。

唐揚げ3個(100円)

こちらは通常の唐揚げです。

わりと「なか卯」の定番メニューで、よくお持ち帰りにも人気です。シンプルな唐揚げですが、揚げたてを出してもらえるのでサクッといい感じの食感を楽しむことができます。

上記の190円メニューには「旨味唐揚げ」がありましたが、どんな味付けなのか食べてないのでわかりませんが、おそらく2倍近く払うほどのものではないかなと。

そのため、「旨味唐揚げ(190円)」を食べるなら、「通常の唐揚げ(100円)」を2つ頼んだ方が絶対にお得です。

お新香(70円)

こちらも上記メニューにはありませんが、券売機で「ちょい呑みメニュー」の中から選択できます。

こちらも他と比較すると、松屋のお新香が80円なのと比べると10円安いです!

量もそこまでは多くないのですが、油ばかりだと気持ち悪くなるので間に「あっさり」を挟みながらつまむには最適なメニューだと思います。

炭火焼鳥(280円)

最後はこちらの「炭火焼鳥」です。値段的にはまぁ普通かなと思うのですが、あっさり食べれるのでお勧めしたいと思います。

その他の肉系のメニューだと、味が濃い目だったり油が多めだったりとする中、こちらのメニューは焼き鳥に塩が振られているだけなので、糖質が気になる方にもおすすめの一品です。

唐揚げと鶏がかぶっているじゃないか!といわれそうですが、衣がないのと食感も異なるので全く別物として食べることができます。ぜひ試してみてください。

お会計

ではこれだけ食べてお会計はいくらだったのか、計算してみましょう。

生ビール   :280円
おつまみ唐揚げ:100円
お新香    :  70円
炭火焼鳥   :280円

合計     :730円

めちゃめちゃ安いですね。

昼の定食の値段で飲み食いできます。


仮にもう1杯飲んだとしても1000円なので、ちょい呑みするにはちょうどいい金額ですね。

せんべろ好きが絶対行きたくなるお店が満載

まとめ

いかがでしたでしょうか?

日高屋に続いて「なか卯」のちょい呑みをしてみました。

印象としては、日高屋よりもさらに安いイメージですね。ただ、つまみ料理がやや少ないのがちょっと残念といったところです。

しかし、つまみ以外の「丼もの」や「うどん」などの通常メニューも選べるので、さらに締めに一杯といった使い方もできそうです。

日高屋と異なる部分では、食券制のため、おかわりのビールやつまみを頼みたいときにわざわざ券売機に行って階に行かなくてはいけないというのもちょっと面倒というのはありますが、まあこの値段なので多少目をつぶらないといけないかもしれません。

注意点は営業時間です。いつでもやっているわけではなく、夜17時から深夜2時までの限定営業とのことですのでご注意ください。

ぜひお近くになか卯があれば、「ちょい飲み」チャレンジしてみてくださいね。

実施店舗は、こちら

せんべろ好きが絶対行きたくなるお店が満載

スポンサーリンク