アクセンチュアの人事異動の頻度は多いの?【元社員が語る】
スポンサーリンク

こんにちは、元アクセンチュア社員の狛江人(@komaebito)です。

 

よく聞かれるアクセンチュアの人事異動について

 

アクセンチュアの人事異動ってどうなってるの?

 

別の部署に異動したい場合どうすればいいの?

 

 

今回はそんなところに注目しながら、「アクセンチュアの人事異動」について紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

人事異動について

どの企業においても人事異動は必ず行われます。

 

特に変化の激しい昨今では、1年単位ではなく、半年・三か月で人事異動が行われるなんて会社も多いのではないでしょうか?

 

 

そんな「人事異動」について、一般的な企業とアクセンチュアを比較してみたいと思いますので、参考にしてみてください。

一般的な企業の人事異動

現在勤務している日系企業は、様々な拠点に研究施設や工場があり、その範囲も日本だけではなく、欧米・アジア・中国と様々です。

 

その中での人事異動ですが、

・働く拠点(国)を異動する場合
・部署を異動する場合

と規模が変わるものも大きく2つあります。

 

 

現在の会社も組織を頻繁に変更しており、基本的には年に1度行われています。

部署をまたいでの異動の場合には大きく

・指示されて異動する場合
・自ら部署移動を求める場合

があります。

では詳細に見ていきましょう。

「会社から指示されて異動する場合」

また、「会社から指示されて移る場合」というのも、ポジティブな理由が多いです。

ポジティブな理由というのは

XXさんはXXについて知見があるから、こっちの部署にもXXを導入し、
XXプロジェクトのテコ入れにぜひ活躍してもらいたい

今度新しく、ある国でXXX事業の立ち上げを行うので、立ち上げのサポートをお願いしたい
などというものです。

逆に

XXXさんは、仕事ができないから、XXXへ異動させよう
ということはあまりきいたことがありません。何か法的に問題のある行為を起こしたとか、っていう話があれば別です。
単に仕事の能力が劣っているからという理由で部署を異動させられることはあまりない印象です。

「自ら部署移動を求める場合」

自ら異動を求める場合は「社内公募」という形で、年に数回求人ポジションがオープンされ、その部署に面談をしに行きお互いの求めるものがマッチしたら、異動が確定するという形です。
最近は動向が激しい業界でもあるので、以前よりは組織改編・人事異動が増えたように思います

アクセンチュアの人事異動

一方アクセンチュアの場合は、人事異動の頻度は日系企業よりも多い印象ですね。外資系特有です。

 

 

大きく分けると、ざっくり以下の4点です。

・プロジェクト内でつかえないと分かった場合
・プロジェクトが終了した場合
・別プロジェクトのサポートをしてもらいたい場合
・自ら申し出があった場合
それでは、1つずつ見ていきましょう。

プロジェクト内で使えないと分かった場合

かなりストレートな表現ですが、アクセンチュアで働くにあたっては、必ずどこかの「プロジェクト」に所属して仕事を行います。

そのプロジェクトには面談を通して参画していきます。

 

 

そして実際にプロジェクト内での働きで成果が出せないと、プロジェクトを外されるということが多々あります

 

どのくらいの期間で評価されるの?
と疑問が出ると思いますが、これに関してはプロジェクトによって様々です。
知人から聞いた話ですが、1週間で外されたという人もいたみたいです。

その理由が

2ページのパワーポイント資料を作るのに1週間もかかった...

とのこと。

 

実際にどんな内容だったのかわからないので、判断できませんが、そういうこともあるようです。1週間でプロジェクトを外されるってなかなか精神的にきついものがありますよね。

 

 

プロジェクトは外された場合には、「アベイラブル(※)」というポジションになります。

※アベイラブル・・・どのプロジェクトにも所属せず、待機している社員のこと。

 

*転職最大手!転職決定数No.1*

プロジェクトが終了した場合

プロジェクトでも期間が決められている開発業務の場合と決められていなく運用業務のように半永久的に続いているプロジェクトがあります。

 

プロジェクトの業態にもよりますが、

・「要件定義だけ」
・「開発だけ」

といったように工程が決めあれている場合は、次工程に移行できる状態まで完了した場合、そのプロジェクトは一旦解散となります。そうなるとプロジェクトメンバーは基本的にアベイラブル状態になります。

 

 

しかし、優秀な社員・できる社員は、ちょっと異なります。

 

事前にプロジェクトが解散されるという情報が上の人たち同士で共有されており

今こういう人を探してるんだけど、手の空いている人いない?

というやりとりが水面下でされています。

 

そのため、優秀なメンバーはアベイラブルになる前に別プロジェクトに配置されることがほとんどです。

 

 

当たり前の話ですが、できる人ほどどこからも引っ張りだこなのです。

別プロジェクトのサポートをしてもらいたい場合

固定プロジェクトに所属していたとしても、別プロジェクトの規模が大きくなった場合や要員が不足している場合には、サポートとして移動するということがあります。それも自らというよりは、上司の判断で移動するということが多いです。

 

一時的なものであれば期間限定でプロジェクトを外れて、また元に戻ってくるという場合もありますし、長期の場合は一旦現プロジェクトを離れるという場合もあります。

 

こちらも上記の内容と同じで、基本的には、「優秀な・できる社員」が対象になります・

自ら申し出があった場合

あまり自ら申し出があって異動するという話は聞いたことがありませんでしたが、まれにあるようです。

 

プロジェクトが忙しすぎて別の部署に行きたい・・・

といったような感じです。その場合、バックオフィス系(事務)の職種に移るという人も聞いたことがありますが、比較的少数派のイメージです。

 

 

とはいえ、誰でも移動が承認されるわけではなく、ある程度パフォーマンスを出して、できることを認められないと自らで移動するのは難しいように思います。

 

 

ただ、最近は働き方改革により、

 

もう少し残業が少ない運用系プロジェクトに移りたい・・・

という要望も出てきているらしく、動きやすくはなってきていると聞きました。

 

以上がアクセンチュアの人事異動についてのまとめです。

 

 

\アクセンチュア転職希望者には必須!
オファーを受けた職務経歴書を大公開!
スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

以下まとめです。

日系企業
・比較的ポジティブな理由での人事異動がほとんど
・人事異動のタイミングは年に1回、最近は増えてきて年に2-3回
アクセンチュア
・使えないとすぐ異動(アベイラブル)
・プロジェクトが終わると異動になるが、優秀な社員は別プロジェクトに移動
・プロジェクトが終わると異動になるが、ダメ社員はアベイラブル
・ある程度パフォーマンスを出さないと自ら異動するのは難しいかも

アクセンチュアと今の会社との人事異動について比較してみました。

 

日系企業に比べるとアクセンチュアは人事異動の頻度が高く、やはりより仕事のできる人はその選択肢が広がるという印象ですね。実力次第では海外のプロジェクトにも応募することができます。

 

まずは異動を考えることよりも現場でいかにパフォーマンスを上げていけるかが大きなカギになります。

 

参考にしていただければ幸いです。

その他アクセンチュアの記事
スポンサーリンク

アクセンチュアへの転職ならリクルートがおすすめです

業界No.1のリクルートの2つのサービスは必ず利用しておきましょう!

リクナビnextに登録する

僕はリクナビnext経由でアクセンチュアよりオファーメールをもらい、応募しました。

リクナビnextの強み
1.求人案件がダントツで多い
2.自分に合った求人を自動通知してくれる
3.お気に入りの企業が登録でき、採用タイミングで通知が来る
4.企業からのプライベートオファーメールが来る。(書類選考がスキップできる)
5.応募が簡単にできる
noteでオファーメールをもらった時の職務経歴書を公開しています。
\企業からの面接オファーが届く/
リクナビnextに登録する
*求人数No.1*


リクルートエージェントに登録する

そして、リクナビnextと合わせて登録しておきたいのがリクルートエージェントです。

リクルートエージェントの強み
1.求人数が圧倒的
他のエージェントに比べて業界No1の求人数。非公開求人が約20万件ほどあるといわれています。
2.幅広い年齢層に合っている
20-30代がメインの他社と比べ、求人数が圧倒的に多いので年代・業種のポジションがあります。
3.実績のあるキャリアアドバイザーが在籍している
業界によく精通しているため、企業独自の情報や転職ノウハウをもっています。
4.面接対応や書類の添削サポートが充実している
業務経歴書や志望動機などの添削も行っており、書類選考での通過率が通常応募より上がります
書類選考通過率大幅アップ
リクルートエージェントに相談する
*アクセンチュア転職に強い*



スポンサーリンク