アクセンチュアのちょっと変わった福利厚生とは?【元社員が解説】

こんにちは、元アクセンチュア社員の狛江人(@komaebito)です。

 

 

アクセンチュアに入社後、日系企業にはあまりない福利厚生があり、カルチャーショックを受けた記憶があります。

 

 

ということで今回は「アクセンチュアの不思議な福利厚生」について紹介したいと思います。

 

アクセンチュアの変わった福利厚生ってどんなものがあるの?

アクセンチュアには特別な休暇がある?

アクセンチュアの飲み会って無料?
これらの疑問について答えていきたいと思います。アクセンチュアに入社を検討している方はぜひ参考にしてください。

有給休暇とは別に休暇がある

どの企業には「有給休暇」というものがあり、1年間にだいたい10~20日ぐらいもらえるのが一般的だと思います。

 

 

ではここで質問です。

風邪をひいたり、体調が悪くて休まなきゃいけない時ってどうしていますか?

有給休暇から消化しかないんじゃ・・・

 

 

 

 

普通そうですよね。今まで勤めていた企業でも「有給休暇」から消化し、

あーもったないなぁ

という思いをしていました。

 

 

「傷病休暇」=「有給休暇」というイメージが一般的だと思います。

 

 

しかし、アクセンチュアでは「傷病休暇」というものが別に用意されています

 

 

例えばケガや病気などで会社を休む場合にはこの傷病休暇を利用することができます。しかもありがたいのはこの傷病休暇20日も用意されています。

 

 

 

 

ケガや病気で1年に20日休む人もレアケースですが、20日あれば不本意な有給休暇を使うことはなくなります。

使用する条件
「病院の領収書を提出すること」

ただこれにもいくつか条件があり、2日以上休む場合には医師の診断書が必要だったりと長期で使う場合には多少条件が異なります。

 

 

眼科でコンタクトをもらう理由で領収書をもらったり、歯医者の定期クリーニングで領収書をもらったりして使うという人もいたりいなかったり!?(笑)

2016年ぐらいの話なので、あくまで参考に。
\アクセンチュア転職希望者には必須!
オファーを受けた職務経歴書を大公開!
*激安980円で公開してます*

残業代が通常のXX倍

アクセンチュアでは定時以降の残業代が通常の時間単価の1.5倍になります。(※一般社員の場合のみ)

 

普通の企業は残業代は通常の1.25倍が支払われます。しかしアクセンチュアでは、さらに上乗せされるわけです。

 

 

残業しすぎた翌月はやばいことになります。汗。
そしてこれが夜10時以降の深夜残業や休日の場合だとさらに1.25倍されるわけです。
まとめるとこんな感じになります。
残業代の計算

時間単価が1000円だと仮定すると、

通常の残業代:1000円×1.5倍=1500円
深夜残業、休日出勤:1000円×1.5倍×1.25倍=1875円

残業代ありきで仕事をするのもいかがなものかなという気がしますが。
納期間近な時期はかなり残業していた記憶があります。残業代が高いからブラックにはならないのかもしれませんが、あまりスマートな働き方ではないかも

当時は結構頑張っていたなぁ・・・

 

忙しいとお金はたまりますが使う機会がなく、体力ばっかりが消耗されていくので、爆食い・爆飲みとかをしてしまい、健康状態はあまりよくなかったかなと思います。そのため、残業代がもらえるからってそれをあてにする残業はあまりオススメできません。

 

 

近年は「働き方改革」により残業時間の上限をつけ、残業のMAX値を定めて残業時間にはかなり厳しくなっているようです。
\アクセンチュア転職希望者には必須!
オファーを受けた職務経歴書を大公開!

飲み会は基本的に無料?

会社に入ると必ずある「飲み会」。実は入社してから一度も自腹で払ったことがありません。

 

 

アクセンチュアではありとあらゆる飲み会が無料でした。

・新年会
・忘年会
・歓送迎会
・キックオフ飲み会
・チーム飲み会

などなど。

 

 

なんで?
って普通思いますよね。

 

 

アクセンチュアはプロジェクト単位で仕事を行うため、必ずどこかのプロジェクトに所属することになります。(※所属していない人もいます。)

 

その所属プロジェクトには、マネージャー・シニアマネージャー・MD(本部長的な立場)といった管理職がいます。そしてその管理職は、バジェットと呼ばれる「交際費予算」を持っているのです。

 

 

1か月の限度額は決まっていますが、基本的に飲み会はその管理職一人一人のお財布「バジェット」から出されます。そのため管理職がたくさんいればいるほど交際費はアップするわけです。

交際費の計算(あくまで例)
管理者1人:メンバー1人につき毎月5000円
管理職2人:メンバー1人につき毎月10000円
管理職5人:メンバー1人につき毎月25000円
自分が所属したプロジェクトは管理職がたくさんいたので、かなり豪華な飲み会に参加したことを覚えています。まず自腹ではいけないお店ばかりです

あるプロジェクトの打ち上げで、赤坂の超高級焼肉店で

好きなだけ注文していいよ

といわれたときには驚きました。

後で会計を確認したら、1人当たり諭吉が軽く数枚吹き飛ぶ値段でした。なかなかできない経験でした。
このように飲み会は基本的に交際費から使うというカルチャーがアクセンチュアにはありました。日系企業ではなかなかない文化ですね。
\アクセンチュア転職希望者には必須!
オファーを受けた職務経歴書を大公開!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

 

今回は、アクセンチュアの変わった福利厚生について紹介してきました。

 

 

 

有給休暇とは別に傷病休暇が20日も用意されている
残業代が通常の1.5倍!深夜残業はさらに1.25倍!
飲み会は基本的にすべて管理職持ち
どれも魅力的に見えますが、
「頑張るときは頑張る、その分ご褒美はたくさん与える」といった外資系ならではの文化ともいえるでしょう。
その分、成果が出せていない場合にはかなりにシビアになります。
基本的にアクセンチュアは本当に優秀な人が多いので、その環境にいるだけでも刺激になります。仕事はハードでしたが、一緒に働く人が魅力な人ばかりだったので、自分の成長にも大きくつながったなと思っています。

ぜひ転職を考えられている方は参考にしていただけたら幸いです。

\アクセンチュア転職希望者には必須!
オファーを受けた職務経歴書を大公開!

アクセンチュアへの転職ならリクルートがおすすめです

業界No.1のリクルートの2つのサービスは必ず利用しておきましょう!

リクナビnextに登録する

僕はリクナビnext経由でアクセンチュアよりオファーメールをもらい、応募しました。

リクナビnextの強み
1.求人案件がダントツで多い
2.自分に合った求人を自動通知してくれる
3.お気に入りの企業が登録でき、採用タイミングで通知が来る
4.企業からのプライベートオファーメールが来る。(書類選考がスキップできる)
5.応募が簡単にできる
noteでオファーメールをもらった時の職務経歴書を公開しています。
\企業からの面接オファーが届く/
リクナビnextに登録する
*求人数No.1*


リクルートエージェントに登録する

そして、リクナビnextと合わせて登録しておきたいのがリクルートエージェントです。

リクルートエージェントの強み
1.求人数が圧倒的
他のエージェントに比べて業界No1の求人数。非公開求人が約20万件ほどあるといわれています。
2.幅広い年齢層に合っている
20-30代がメインの他社と比べ、求人数が圧倒的に多いので年代・業種のポジションがあります。
3.実績のあるキャリアアドバイザーが在籍している
業界によく精通しているため、企業独自の情報や転職ノウハウをもっています。
4.面接対応や書類の添削サポートが充実している
業務経歴書や志望動機などの添削も行っており、書類選考での通過率が通常応募より上がります
書類選考通過率大幅アップ
リクルートエージェントに相談する
*アクセンチュア転職に強い*





年収を2倍にしたノウハウを大公開します!

僕は会社員をしながらも、それとは別にネットを使ったビジネスをすることによって、会社員の給料以上のお金を稼ぐことができています。

 

終身雇用が崩壊した今、一つの収入減に頼って働くということはリスクでしかありません。

 

少しでも早く

正しい知識をつける
知識をもとに行動する

これがとても大事です!

 

 

僕が今まで身に着けてきたビジネスのノウハウや具体的なテクニック、そして資産形成術を余すことなくまとめたメルマガ限定で公開しています。

 

経済的自由になりたいけど、どうすればいいかわからない・・・

 

そんなあなたに向けて

「コネ0、実績0の僕がどのようにして、年収2倍の収入を作ることができたのか」

を学んでみてください。

 

 

僕はこれを実践することによって、年収が2倍以上に増えました。

 

それにより

・自由に使える時間が増える
・自由に使えるお金が増える
・精神的に余裕ができる
・会社員を辞めてもよいという人生の選択肢が増える
という恩恵を受けることができました。
正しく知識を学び実践することさえできれば、実績ゼロでもコネが全くなくても関係ありません。僕のリアルな体験談をメルマガ限定で発信しますので、興味があればぜひ登録してみてくださいね。
最後までご覧いただきありがとうございました。