アクセンチュア最終面接はどんな雰囲気?結果はいつ?【元社員が解説】
スポンサーリンク

こんにちは、狛江人(@komaebito)です。

 

今回はアクセンチュアの最終面接の模様を書いていこうと思います。

面接官は誰が担当するの?

どんなこと聞かれるの?

圧迫面接だったりして・・・?
これらの疑問について経験談から解説していきたいと思います。アクセンチュアへの転職を考えている方はぜひ参考にしていただけると幸いです。
\企業からの面接オファーが届く/
リクナビnextに登録する
*求人数No.1*
スポンサーリンク

アクセンチュアの最終面接

面接の位置づけ

最終面接はマネージングディレクター(通称MD)と呼ばれる日系企業でいう本部長クラスの方と行う面接になります。

 

アクセンチュアの面接ではざっくり

・1次面接:スキルや人間性を見る
・最終面接:入社意思の確認をする

という印象の面接でした。

 

入社する意思はどのくらいあるのかな?
入社してどんなことをやりたいんだろう?

 

具体的な技術やスキルよりも入社意欲・やる気などを見ていると思った方がよいでしょう。

最終面接の内容

面接は1:1で行われました。

比較的話しやすい雰囲気だったと記憶しています。

 

 

まずは一次面接と同様に自己紹介を軽くしながら職務経歴書に沿って話してきます。目安としては1次面接の半分ぐらいの短縮版でよいと思います。

 

 

基本的にスキル面でいえば、1次面接で通過していると考えてよくて、最終面接では自分が何をしたいか?どんな姿になりたいのか?を積極的にアピールしたほうが良いと思います。

 

残念ながらそれはうちではできないな・・

といわれてしまうと残念な結果になってしまいますが、それはそれでマッチングしなかったということで受け入れるしかありません。

 

 

 

結局やりたい仕事ができなかった・・・

など認識の違うまま入社してもやめちゃった・・というのがお互い不幸になってしまいます。そのため何をしていきたいのか、どんな事なら強みを生かせるのかを業務内容と照らし合わせてしっかりアピールしていくことが大切です

 

一次面接:過去の職歴・実績など過去の姿
最終面接:入社後にどのように活躍していけるのかの未来の姿

を判断しているイメージと捉えてよいでしょう。

 

 

 

やりたいことや目指す姿を話し合ったところで、面接官から印象的な質問をされたのが記憶に残っているので紹介します。

 

日本で使用される1日のトイレットペーパーの量は
どのくらいだと思いますか?

。。。

いきなりの質問が来たのでびっくりしました。

 

 

かなり焦りました。考えてみれば

1人が1日に使用する量×日本の人口

という掛け算をイメージして

 

1日に3回トイレに行くと仮定し、
その使用量がトイレットペーパ1本の4分の1ぐらいの使用量だとします。

 

今日本の人口は1億2000万とすれば、
それを掛け合わせてだいたい3000万ロールぐらいかなと考えます。

・・・
・・・
・・・
・・・
・・・

面接官

なるほど。

これはロジカルに考えられるかっていうことを確認したかったので聞いた質問でした。

細かい計算はおいておいてその考え方でおおむねOKでしょう!

 

焦った・・・・・・・
いきなりのキラーパス。無事答えることができたのかなと安心し、最終面接が終わりました。
当初1時間を想定していましたが、かなり早く40分ぐらいで終わりました
\アクセンチュア転職に強い/
リクルートエージェントに相談する
書類選考通過率大幅アップ

合否連絡はいつ来る?

さて最終面接の結果ですが、面接を月曜日の19時に行い、結果は曜日の14時ごろでした。

 

 

それまでの面接は翌日に結果が出ていたので待ち構えていましたが、なかなか連絡が来なくて不安もありましたが、3日後に無事内定連絡をいただけることができました

 

採用担当

いつもお世話になっております。 

アクセンチュア人事部リクルーティングのXXXXです。

 

この度、弊社方針に基づき慎重に検討させて頂きました結果、

是非お力添えをいただきたく内定と決定致しましたのでご報告申し上げます。

 

つきましては、入社日・条件等のご説明にお時間を頂きたく、面談の形式をご確認いただけますでしょうか。

 

対面面談

電話面談

②電話面談の場合、PCの画面を見ながらご対応頂ける日程を幾つかお伺い頂けますでしょうか。

 

▼面談日時:平日XXXX開始の間、1時間程度です。

 

何かご不明点ございましたらご遠慮なくお問い合わせくださいませ。

お手数をお掛けいたしますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

この後はメールにある通り条件面談を行いましたが、内容は給与の話や入社後のオリエンテーションの案内だったので、合否には一切関係ありません。実質3回の面談で無事内定をいただくことができたことになります。

 

 

全体を通してアクセンチュアは合否通知に関してとても早い印象を受けました。1週間後という企業が一般的だと思いますが、面接調整に関してはスピード感を持って対応してもらえたので大変助かりました。

 

 

早く結果を知りたい転職者にはとてもありがたいスピード感での採用面接でした。

\アクセンチュア転職に強い/
リクルートエージェントに相談する
書類選考通過率大幅アップ



スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

今回はアクセンチュアの最終面接について紹介させていただきました。

 

以下、まとめです。

・面接官はマネージングディレクター
・人数は1:1

・入社意欲を聞かれる
・自分がなりたい姿、何が生かせるのかを熱く語るべし
・時間は40分ぐらい
・合否連絡は3日後

上記でも説明した通り最終面接では

・入社意欲
・アクセンチュアに入社後の活躍している姿

を熱く語ることが大事です。

 

それらがしっかり面接官のイメージに合致すれば、内定の可能性が高まるでしょう。

そのためには過去の経験を思い出しながら

・やりたいことがちゃんと紐づいているか?
・それをやるための実力は十分か?

をちゃんと落とし込めるネタを事前に用意しておきましょう。

最後の「トイレットペーパー問題」も心の準備だけはしておくことをお勧めします。
とはいってもちょっと予測ができませんが・・・日ごろからロジカルに考える習慣は身に着けておいた方がよいでしょう。
アクセンチュアに転職を考えられている方は参考にしていただけたら幸いです。
スポンサーリンク

アクセンチュアへの転職ならリクルートがおすすめです

業界No.1のリクルートの2つのサービスは必ず利用しておきましょう!

リクナビnextに登録する

僕はリクナビnext経由でアクセンチュアよりオファーメールをもらい、応募しました。

リクナビnextの強み
1.求人案件がダントツで多い
2.自分に合った求人を自動通知してくれる
3.お気に入りの企業が登録でき、採用タイミングで通知が来る
4.企業からのプライベートオファーメールが来る。(書類選考がスキップできる)
5.応募が簡単にできる
noteでオファーメールをもらった時の職務経歴書を公開しています。
\企業からの面接オファーが届く/
リクナビnextに登録する
*求人数No.1*


リクルートエージェントに登録する

そして、リクナビnextと合わせて登録しておきたいのがリクルートエージェントです。

リクルートエージェントの強み
1.求人数が圧倒的
他のエージェントに比べて業界No1の求人数。非公開求人が約20万件ほどあるといわれています。
2.幅広い年齢層に合っている
20-30代がメインの他社と比べ、求人数が圧倒的に多いので年代・業種のポジションがあります。
3.実績のあるキャリアアドバイザーが在籍している
業界によく精通しているため、企業独自の情報や転職ノウハウをもっています。
4.面接対応や書類の添削サポートが充実している
業務経歴書や志望動機などの添削も行っており、書類選考での通過率が通常応募より上がります
\アクセンチュア転職に強い/
リクルートエージェントに相談する
書類選考通過率大幅アップ



スポンサーリンク