せどりおすすめの仕入れ先はどこ?【ネットと店舗を併用しよう】
スポンサーリンク

こんにちは、狛江人(@komaebito)です。

せどりってどういうもの?

どこから仕入れればいいの?

どこで売るのがいいの?
これらの疑問について解説していきたいと思います。今回は初心者向けにかなり丁寧に説明していきますのでぜひ参考にしていただけたら嬉しいです。
スポンサーリンク

せどりとは?

そもそも、せどりとは?という定義から説明します。

大辞林によると

同業者の中間に立って品物を取り次ぎ、その手数料を取ること。また、それを業とする人

とあります。

 

簡単に言うと「安く仕入れて、高く売り、その差額を収益とする」いわゆる転売ビジネスのことです。驚いたことにwikipediaには、「Amazonせどり」のことも書いてありました。

 

せどりというとブックオフなどの古本の仕入れがメインというイメージがありますが、それ以外にも様々な店舗やネットショップなどから仕入れることができます。

 

「安く仕入れて高く売る」というシンプルなビジネスモデルのため、比較的簡単で副業としてやっている人もいれば、から本業にして月収何百万といった方までさまざまです。

 

スポンサーリンク

どこから仕入れるの?

では、実際にせどりの仕入先・販売先はどこなのかを紹介していきましょう。

 

まず仕入先ですが、大きく分けて以下の2パターンあります。

・店舗で仕入れる場合
・ネットショップやオークションで仕入れる場合

 

店舗による仕入れ

まずは店舗仕入れから見ていきましょう。

古本屋

代表的な古本屋は「ブックオフ」ですね。

 

全国いろいろなところにあり、本はもちろん、ゲーム機やCD/DVDなど幅広く扱っています。時間も夜遅くまでやっている店舗もあり、会社帰りにちょっと寄って仕入れることも可能です。

 

本は比較的価格が安いので資金が少ないといった初心者におすすめとされています。

リサイクルショップ

「ハードオフ」「トレジャーファクトリー」「セカンドストリート」などでしょうか。

 

主に、中古の雑貨・フィギュア・おもちゃ・中古家電など様々な種類の中古商品を中心に扱っていますが、中古とはいえ中には新品未開封なんてものもあります。

ポイントとしては、店舗によって物のばらつきがあるので、

・ライバルの少ない
・品揃えがいい

など、いい条件の店舗を探すことが大事です。

家電量販店

「ヤマダ電機」「ケーズデンキ」「コジマ」などがあげられます。

取扱商品は家電が中心です。

 

型が古くなったものやワゴンのセール品を狙っていくと、大きな利益につながることがあります。中でも廃盤商品といわれるものはプレミアム価格になったりする可能性も高いです。

 

注意としては、ライバルが多いところです。そのため、価格変動に左右されることも多々あります。

ドラッグストア

え?ドラッグストア?と思った方もいらっしゃると思いますが、立派な仕入れ先の一つです。

化粧品はもちろん、ビューティー家電なども置いてあり、ワゴンセールなどで激安で手に入る可能性も高いです。ドラッグストアは大量に店舗があるので自分のお気に入りを見つけて定期的に仕入れに行くとかなりいい仕入れができることがあります。

個人的には近所のマイナーなドラッグストアをおすすめします。

ホームセンター

「島忠ホームズ」「コーナン」「カインズホーム」などこちらもたくさん種類があります。

 

狙いはセール品ですね。ホームセンターにもプリンタや家電・キッチン用品など、バラエティ豊かな品ぞろえで思いもよらない価格でセールしたりしているので、仕入れの穴場ではあります。

ネットによる仕入れ

オークションサイト

有名なのは「ヤフオク」です。

 

品揃えもユーザ数も大きいため、一般ユーザも介入してくるため、思った価格で仕入れることができないということがデメリットになります。

そのため、いかに早く落札できるかが大きなポイントになってきます。

フリマアプリ

今や「ヤフオク」と肩を並べるレベルに規模が拡大した「メルカリ」が有名ですね。

対個人とのやり取りでかつ即決価格で購入できるため、対象商品を見つけることができれば確実に仕入れることができます。また、価格も安く仕入れらることが特徴です。

 

しかし、中古品の場合商品説明など雑な場合があり、希望した状態ではないものが送られてくる可能性があるというデメリットもあります。

家電量販店のネットストアなど

上記であげた家電量販店のネットストアです。

 

ネット上のセール情報ページなどに掲載されている「限定商品」などをお買い得な商品を店舗へ向かわなくても仕入れることができます。

 

こちらもライバルが多い印象があり、価格もそれによって変動し思ったより利益が取れなかったというリスクもあります。

 

以上が主な仕入れ先です。

これからせどりを始めていこうという方には、まずは店舗へ足を運んで行う店舗せどりをお勧めします。

自分の目で商品を確かめ、相場観をつかんでいく

 

この経験を積み重ねていくことで、利益商品を判断する目利きができるようになってきます。

スポンサーリンク

どこで売るの?

せどり 仕入れ
仕入れたものの販売先ですが、メインは「amazon」を利用します。

仕入れた商品によって売れやすい販路・売れにくい販路があり、合わせて、ヤフオクメルカリも使い分けることをオススメします。

 

一般的に

ヤフオク:年齢層が高めの男性が利用している割合が高い
メルカリ:年齢層が低めの女性が利用している割合が高い

といわれており

 

ヤフオク:パソコンやプリンタなどの商品
メルカリ:化粧品やビューティー家電などの商品

が売れやすいといわれています。

 

販路も商品によって使い分けることで少しでも高めに売り上げを上げることが大事です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

せどりとしては

「店舗やネットで仕入れる」→「amazonやヤフオクで売る」

これが基本的な流れになります。

 

amazonを利用した場合には、下記のように納品作業を行う必要があります。

「仕入れる」→「amazonへ納品を行う」→「amazonが代わりに販売する」

 

せどりは比較的シンプルなビジネスかつ低資金で参入することができるため、副業の一歩としてはとても取り組みやすいビジネスです。

 

また即金性も高いのですぐにお金を増やしたいという方にも向いています。

 

まずは本業の合間に始めてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク