サラリーマンにオススメな副業はすぐに結果が出る「 せどり 」です

こんにちは、狛江人(@komaebito)です。

 

厚生労働省による「働き方改革」の一環で、現在は多くの企業が副業を解禁し出しています。

 

終身雇用が崩壊した今、会社だけに依存するのは危ないと考える人も多いのではないでしょうか。(僕自身その一人です)

 

さて、ではサラリーマンの副業って何がオススメでしょうか?

アルバイト?
株投資?
アフィリエイト?

 

そんな副業で、実際に自分が行っている/いたものを検証・紹介していきたいと思います。

どんな副業がある?

アルバイト

せどり 副業
まずはこれが頭に浮かびますね。
副業でやるとなると、空き時間としては平日の夜や土日になります。確かに確実にお金はもらえます。が、時間な拘束が避けられません

また頑張っても深夜時給で1500円ぐらいでしょうか。大きくは稼げません。さらに本業やりながらだと、やはり体力的に厳しくなります。本業で発揮できないと本末転倒ですしね。

株・FX

せどり 副業
株は今もやっています。

自分の場合には、デイトレではなく長期的に保有しているのであまり稼ぐためにやっているというより、「ちょっと良い定期預金」という感じです。

 

これがデイトレとなるとかなりリスキーになります。そもそもある程度の貯蓄がないと大きく稼ぐことはできませんし、デイトレをやってると、毎日の株価に一喜一憂していると精神的に落ち着きません。なので、株やFXなどの投資は余剰資金で行うものだと思っています。

モニター

せどり 副業
モニターとは、様々なものがありますが、自分が登録していたものは、発売前の商品について試飲したり、座談会に参加したりし評価するといったものでした。

時間も様々で、2時間の座談会で8000円といったものや、30分の試食で4000円といったものもありました。

開催も毎月のように頻繁に行われており、時間的単価も非常に良いためおいしい副業だと思いました。ただ残念ながら毎日のように参加することはできません。モニターを依頼している会社は色々なユーザの意見が聞きたいわけで、1度モニターを受けたら1-2ヶ月空けないと参加ができないというデメリットがあります。

そうなるとやはりある一定額以上を稼ぐのは難しいということになります。

アフィリエイト

せどり 副業
メリットとしては、初期費用がほぼかかりません。サーバレンタル代の毎月1500円ぐらいであとはひたすら良質な記事と高頻度のアップデートを繰り返せば徐々に結果が出てくるものだと思っています。

が、結果が出るまでが果てしなく長いですね。おそらくやってみてはいいもののの、毎日1記事をアップするというのを続けている人ってどのくらいいるのでしょうか?1%もいないかもしれません。

結果が出るのが遅いという理由で脱落者も多いというのがその要因なのかもしれません。



せどりって?

せどり 副業
そこで、せどりです!

僕は現在サラリーマンをしていますが、一番手を出しやすく結果が早く出しやすい副業が「せどり」だと思っています。

せどりとは、『同業者の中間に立って品物を取り次ぎ、その手数料を取ること。また、それを業とする人(三省堂 大辞林より)』

そうです、いわゆる転売ってやつですね。

 

なんか転売というといいイメージを持たないことが多いと思いますが、物のを売るというビジネスは、世の中だいたいこれで成り立っています。スーパーでもコンビニでも家電量販店でも。

さて、では「せどり」がオススメなのか?メリット・デメリットを検証してみます。

せどりのメリット

まずはメリットを見ていきましょう

即金性が高い

アマゾンを使ってのせどりにおいては、即金性が非常に高いです。

アマゾンに納品して、商品が売れたらそのたびに支払金として課金され、2週間に1回、自分の口座に振り込まれます。クレジットカードを使って仕入れをした場合には引き落としの前に入金されるのです。

再現性が高い

一度売れたものがわかれば次も同じものを仕入れられれば、高い確率で利益が出ます。

せどりの手法は基本的に、「リサーチする」→「納品する」→「売り上げが立つ」→「入金される」の繰り返しです。

初期費用が低い

株やFXなどの場合はある一定額がないと大きな利益を見込むことはできませんが、せどりの場合は少額からでも十分できます。商品単価の安いものを売ってせどり資金を積み立てればいいのです。

資金が少ない場合には、1000円以内のものを仕入れ、余裕が出てきたら少しづつ単価の高いものへシフトしていけば良いのです。そういう意味では、本のせどりは程資金できるので非常にオススメです。

誰でもできる

せどりには、安く仕入れて高く売る、いたってシンプルなビジネスです。

売る場所はamazon、メルカリ、ヤフオクなどいくつかありますが、売る方法は一度やれば誰でもできます。あとは、仕入れる方法だけ。こちらも商品をリサーチして利益が取れそうなものなら仕入れる!

ただこれだけです。この方法を繰り返していくだけで利益は増えていきます。

時間的拘束がない

個人的には、これが一番オススメしたい理由です。

基本的に副業で始める方が多いため、時間的拘束はなるべく避けたいですよね。せどりにおいては、自分の好きな時間・空いている時間に好きな時間だけ行うことができるため、自分最優先でできるのが最大のメリットだと思います。

平日が忙しい人は土日にやるとか、土日忙しい方は平日の会社帰りに行うとか、非常にフレキシブルなところが続けやすい点だと思っています。

せどりのデメリット

せどり 副業

もちろん、デメリットもあります。メリットだけだと怪しいので正直に感じたことをあげてみます。

納品作業が面倒

amazonやメルカリなどのプラットフォームを使った場合には、必ず「納品作業」というものが付いて回ります。

 

せどりでいい商品を見つけた時はいいですが、それだけではダメで必ず買いたい相手に届ける必要があります。その作業は面倒と感じることが多いですね。でも慣れれば効率的にできるようになっていきますのでご安心を。

在庫を抱えるリスクがある

商品をリサーチして、これは利益商品だ!と思って仕入れるわけですが、もちろんこの世に絶対はありません。

残念ながら予想に反して売れない!または赤字になってしまったということはあり得ます。これに関しては、どのビジネスにおいてもそうだと思いますが、経験上失敗することによってノウハウが溜まっていくので必ず通る道だと思っています。それを乗り越えないと大きくは稼げないですしね。

 

せどりの相談受け付けます

現在せどり・転売の相談をタイムチケットで受け付けています。初心者の自分でも2か月目から月20万(売り上げではなく利益)を出すことに成功しました。

今なら1時間5000円→3000円ので何でもお気軽にご相談ください。追加料金も何かを売りつけることも一切ありませんのでご安心ください。

タイムチケット

ココナラ

せどり・転売の相談コンサルを受け付けます 副業せどりで月収20万円上乗せしませんか?

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

せどりを副業で始めて3ヶ月目に入りましたが、ざっとこれが今の感想です。

 

どんな副業にもメリット・デメリットはありますが、バランス的に考えても一番初心者が参入しやすいビジネスが「せどり」と考えています。リスクが少なくて、初期投資額も少なくて、再現性があり、アルバイトよりも稼げるこんなメリットだらけの副業はなかなかないと思います。

 

せどりについての悩み相談・仕入れツアーに参加したいなど、お気軽に相談くださいね。

 

せどりの相談受け付けます

現在せどり・転売の相談をタイムチケットで受け付けています。

 

初心者の自分でも2か月目から月20万(売り上げではなく利益)を出すことに成功しました。

 

1時間3000円ですので何でもお気軽にご相談ください。追加料金も何かを売りつけることも一切ありませんのでご安心ください。

タイムチケット

ココナラ

せどり・転売の相談コンサルを受け付けます 副業せどりで月収20万円上乗せしませんか?



年収を2倍にしたノウハウを大公開します!

僕は会社員をしながらも、それとは別にネットを使ったビジネスをすることによって、会社員の給料以上のお金を稼ぐことができています。

 

終身雇用が崩壊した今、一つの収入減に頼って働くということはリスクでしかありません。

 

少しでも早く

正しい知識をつける
知識をもとに行動する

これがとても大事です!

 

 

僕が今まで身に着けてきたビジネスのノウハウや具体的なテクニック、そして資産形成術を余すことなくまとめたメルマガ限定で公開しています。

 

経済的自由になりたいけど、どうすればいいかわからない・・・

 

そんなあなたに向けて

「コネ0、実績0の僕がどのようにして、年収2倍の収入を作ることができたのか」

を学んでみてください。

 

 

僕はこれを実践することによって、年収が2倍以上に増えました。

 

それにより

・自由に使える時間が増える
・自由に使えるお金が増える
・精神的に余裕ができる
・会社員を辞めてもよいという人生の選択肢が増える
という恩恵を受けることができました。
正しく知識を学び実践することさえできれば、実績ゼロでもコネが全くなくても関係ありません。僕のリアルな体験談をメルマガ限定で発信しますので、興味があればぜひ登録してみてくださいね。
最後までご覧いただきありがとうございました。