ハードオフ仕入れは難しい?【初心者でも利益が取れる商品3つを紹介】
スポンサーリンク

こんにちは、狛江人(@komaebito)です。

今回は「ハードオフ」での仕入れについて解説していきたいと思います。自分も過去に商品を全く仕入れられなかった、なんてことがありました。

ハードオフのせどりって難しいなぁ・・・

ハードオフ仕入れの見るべきポイントは?
上記の疑問について解決していきたいと思いますので、見るべきポイントをしっかり押さえてハードオフ仕入れにも調整んしてみてくださいね。
スポンサーリンク

消耗品を狙おう!

そんなハードオフでの仕入れで初心者の方にオススメは、ずばり「消耗品」です。

 

そもそもハードオフって中古の家電やオーディオ機器・ジャンク品なんかを目的に買いに来る人が多いですよね。そこに目を付けるのがポイントです。

消耗品のメリットとしては

・価格が安い
・商品の回転率も速い

上記の理由から初心者におすすめの仕入れになります。

 

では具体的に商品を紹介していきます。

プリンターのインクを狙おう!

Canon 純正 インクカートリッジ BCI-371XL(BK/C/M/Y/GY)+370XL 6色マルチパック 大容量タイプ 

仕入:540円
売値:6480円
利益:5021円

プリンターのインクです。

 

ハードオフの奥のほうにあるジャンク商品の棚に置いてあります。基本的にジャンク棚にあるものは期限切れの商品になります。

しかし期限切れでももちろん売ることはできます。だいたい300円や500円ぐらいで投げ売りされているのですが調べてみると利益商品が眠っている可能性があります。まずはプリンタのインクを狙いに行きましょう。

 

注意したい点は、期限切れのものは未開封であっても新品では出品できないということです。

これを知らずに出品していると最悪アカウント停止になることもあるみたいなので注意しましょう!そのため期限切れのジャンク商品は、未開封であればほぼ新品で出品しましょう。

電球を狙おう!

パナソニックLED電球

仕入:216円
売値:2590円
利益:1762円



この電球ですが、すごい利益率ですね。

ハードオフ(もしくはオフハウス)では電球もかなりの破格で投げ売りされていることが多いです。1個200円-500円ぐらいで売られていたらチェックしてみましょう!

 

なぜこんな価格になっているかというと・・・

 

そもそも電球だけを買いにリサイクルショップに来る人っていますか?

 

もちろん、いませんよね。正確には、いるかもしれませんがとてもレアケースです。

なぜなら電球は型番が使用しているものと合わないと買えません。それをあらかじめ調べてリサイクルショップに買いにくるということはなかなか考えづらいわけです。目的の商品がある可能性も低いわけですから。

そのためリサイクルショップでは未使用の電球が破格で売られていることがありますので是非チェックしましょう。

ブランクメディアを狙うべし!

TDK オーディオカセットテープ

仕入:2400円
売値:864円
利益:962円

 

懐かしのカセットテープです。いまだにカセットテープを使ってる人がいるのか!?と驚きましたが、これが結構売れています。逆に供給が少ないからこそ、廃盤商品や昔の商品はプレミアム価格になっています。

基本的にブランクメディアは期限などがないので「新品」で出品できます。

 

ジャンクコーナーの棚には、カセットテープのほかにも、VHSビデオテープ・8ミリテープ・MDなどのかなりの年代物がゴロゴロ落ちています。

 

基本的にブランクメディアは新品・未開封というものが多いので、「新品」で出品することで大きく利益を取ることができるので、ぜひ棚をあさってリサーチしてみましょう!

スポンサーリンク

おまけ

ハードオフのアプリってご存知ですか?


このような画面になっており、現在位置から最寄りのハードオフグループが表示されます。

 

そしてある一定範囲内に近づくと「チェックイン」ができるようになります。この「チェックイン」ボタンを押すとその場でポイントがゲットできます。その他のグループ店舗ホビーオフ、リカーオフ、モードオフなども対象です。

 

そしてハードオフは、グループ店舗と隣接してることが多いので、それぞれの店舗でポイントをゲットできるところがおいしいところです。4店舗分まとめてチェックインできた!なんてこともあります。

 

これは裏技ですが駅近の店舗だと、電車に乗りながらでも「チェックイン」が可能です。

だいたい300メートル範囲内ぐらいでチェックインができるので、コツコツためれば結構なポイントがゲットできるかもしれません。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ハードオフはいろいろな商品があり、どこから手を付けていいのかがなかなかわからず難しいイメージがありますが、まずは消耗品から狙っていきましょう!

 

仕入れが安い
利益率が高い
回転率が早い

この3点セットが1番の魅力です。

 

そこから徐々に仕入れる範囲を増やしていくことで、利益を積み重ねていくことが大事です。初心者の方はまず仕入れゼロだったトラウマをこれらを実践して打破していきましょう!

参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク