休日に寝すぎてしまう理由とは?原因をもとに対策を解説します
スポンサーリンク

こんにちは、狛江人(@komaebito)です。

 

 

「春眠暁を覚えず」という言葉がありますが、とにかく春先は眠くて眠くて仕方がないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?自分もまさに、そうです(笑)

特に休日は寝すぎてしまうんですよね。でも休日を寝すぎてしまうと、時間が無駄になってしまう気がするので、ここでは休日の寝過ぎについて、その理由と対策方法をご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

寝すぎる理由

そもそも、休日に寝ても寝ても眠気が取れない気がするのは、なぜでしょうか?

 

調べてみると、いくつかの理由があることがわかりました。寝過ぎる理由としては基本的に体が疲れているか、その他の要因が絡んでいるケースが見られます。

 

肉体疲労

 

一番大きいのは、肉体疲労です。肉体疲労が前日のうちに取りきれておらず、休日にまとまって休みを取ろうと、体が睡眠サイクルに入ってしまうというケースがあります。肉体疲労はストレッチなどである程度、体をほぐしてから就寝することで効率的に一晩の睡眠で回復させることができることもあります。

 

普段からハードワークの場合には仕方がないことかもしれませんが、休日の寝過ぎは肉体疲労を改善することで少し軽減できるでしょう。

 

脳疲労

 

頭脳労働タイプの方は、この脳疲労が原因で休日に寝過ぎてしまっている可能性も考えられます。

 

脳疲労というのは、肉体疲労と同様に脳が疲れてしまい、他の活動ができなくなってしまう状況を言います。

 

脳疲労は睡眠で脳を回復させたり、休ませたりする必要があるので、ついつい寝込んでしまうことがあるようです。

 

これも適度に脳をリフレッシュさせたり、糖分をとって仕事中に脳みそを使いすぎないようにするなどの対策をとることにより、休日の寝すぎを改善できることがあります。

 

夜型生活

体が疲れていること以外にも、休日に寝すぎてしまう原因はいくつか考えられます。

 

その中の一つが「夜型生活を送ってしまっていること」です。ついつい休日の前の日には翌日休みだー!と嬉しくなってしまって、夜更かしをしてしまっているということはありませんか?

 

例えば土日休みの場合は、金曜日の夜遅くまで起きているというパターンです。これは睡眠時間が全体的に短くなってしまうので、当然ですが休日朝になっても起きることができず、お昼頃まで寝込んでしまうことがあります。

 

もちろん休みの前の日ですから、少し夜更かししたくなるのは分かります。しかし、できる限り休みの前だからこそ早めに就寝して、日頃の疲れを効率的に摂るようにしましょう。起きる時間も平日と一緒にするのことで、睡眠サイクルを崩さないということが大きなポイントになります。

 

就寝前の食事

 

就寝する前に、満腹になるまで食事をしてしまうのも、休日寝すぎてしまうことにつながります。

 

というのも、就寝前に食事をしてしまうと、体は睡眠をとっているつもりでも、食べ物を消化しなければならないため、体の一部は働き続けることになります。

 

そうなると全体的に体が深い眠りにつくことができず、疲れが取れづらくなることがあります。これが休日寝すぎてしまう原因になることもあります。

 

就寝前には出来る限り胃の中を空に近い状態にして寝ると、効率よく疲れを取ることができます。

 

スポンサーリンク

休日の寝すぎ、対策方法は

休みの日に寝すぎてしまうのは、いくつかの原因があることがわかりました。それでは、休日の朝もスッキリ起きられるようになるためには、どのような対策を取って行けば良いのでしょうか?より時間を効率的に、そして有意義に使うためにも対策方法を確認していきましょう。

 

規則正しい生活

まずそもそも睡眠時間を確保するために、休みの前の日であっても規則正しい生活を心がけるようにしましょう。

 

休みの日だから少し寝坊してもよい、というのはまだ分かりますが、休みの日だから昼まで寝ていてもよい、というのは寝すぎにつながってしまいます。

 

普段から1時間から2時間程度遅く寝るというのは良いでしょうが、朝まで起きているというのは出来る限り避けた方が良いでしょう。

 

スケジュールを入れる

 

寝すぎてしまうのを物理的に防ぐため、休日にあえてスケジュールを入れるという方法もあります。

 

例えば、休日の朝一番で人と会ったり、遊びに行ったりする約束を入れてしまうのです。

 

こうなると相手がある約束なので、物理的に寝過ぎを防ぐことができます。 寝坊して遅刻してしまうと友好関係にヒビが入りますからね(笑)

 

光を使う

 

人間は本能的に光を浴びると、体内時計がリセットされて、朝を迎えたという気になります。

 

ということで寝過ぎを防ぐため、朝起きたら二度寝をしてしまう前にカーテンなどを開け、日光を取り入れるようにしてみる、という方法もおすすめです。

 

オススメのマットレス(Amazon評価4.4)


CILKYSLEEP マットレス 高反発 シングル 敷布団 日本正規規格 【独自開発の高弾性ウレタン採用で極上睡眠を実現する高反発マットレス】 厚さ4.0cm 防ダニ 抗菌 防臭 布団 ふとん 敷き布団

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

このように休日寝すぎてしまうのは、色々な原因があることがわかりました。そして対策方法もいくつかご用意しましたので、これからの休日は朝早くから有効に使えるようにしていきましょう。

 


CILKYSLEEP マットレス 高反発 シングル 敷布団 日本正規規格 【独自開発の高弾性ウレタン採用で極上睡眠を実現する高反発マットレス】 厚さ4.0cm 防ダニ 抗菌 防臭 布団 ふとん 敷き布団

スポンサーリンク