服を捨てられる人はどうしているの?断捨離ルールの作り方を解説!
スポンサーリンク

こんにちは、狛江人(@komaebito)です。

皆さん、服ってなかなか捨てられない…と溜め込んでしまっていませんか?

自分はかなり溜め込んでしまっていました(笑)服の捨て方に困る人ってなかなか多くて、自分もつい最近いろいろと勉強して断捨離を強行したんです。ここではおすすめの服の捨て方をご紹介していきます。

スポンサーリンク

服を捨てるルール

ひとまず服を捨てる時には、ルールを設定しましょう。最初にルールを設定しておけば、そのルールに当てはまらなければ捨てるという行動ができるようになります。

 

服を一つ一つ見ていると、どうしても例外が生まれてしまうので、この例外を徹底的に排除するくらいの勢いで動かないと断捨離は成功しません。

 

そして服ばかりどんどん増えていってしまいます(笑)自分は服を捨てるルールをいくつか設定したのですが、今回特にお勧めできると感じたのはこの後ご紹介するようなルールとなります。

年数が経った服

まず、ある程度年数が経った服については捨ててしまって良い、というルールを決めましょう。自分は制限時間を5年としましたもちろんスーツなどは5年以上着られるものもあるのですが、それ以外の服については5年も経てば体型も変わりますし、年齢層も変わってくるので、ほとんど捨ててしまっても良いのではないかと思います。男性はなかなかこの辺りの流行り・廃りが判断しづらかったりするので、年数ルールを適用して断捨離するようにすると、作業が捗ります

同じような服

ついつい服を集めてしまい、同じような服が大量にあるということもあるかと思います。

これも同じような服については、1ジャンルあたり1つの服だけ残して、断捨離してしまうというのがおすすめです。

というのも、同じような服ばかりになると、実際問題「着ない服」が増えてしまうんです。

多分、同じような服が5着あったとして、そのうち実際に着ているのは1着か2着程度だと思います。

それであれば、残りの3着はワードローブの無駄になりますので捨ててしまいましょう(笑)

壊れている服

壊れているというよりはボタンが取れかかっていたり、穴が開いていたり、なんとなくダメージ風で押し通せそうだけど、リペアに出すのもなんとなく面倒だ、という服は捨ててしまった方が良いでしょう。

壊れたものを身につけていると運気も下がる、という占い師さんの言葉もあるほどで、スピリチュアルがどうかという話は置いておくにしても、やっぱりそういった服については役目を終えたものとして処分してしまった方が良いのではないかと思います。

スポンサーリンク

服の処分方法

服の処分というのは、捨てるだけではありません。なかなか捨て方がわからずに溜め込んでしまっているという人もいらっしゃることでしょう。

 

実は服の処分方法にはいくつか方法があります。

 

一つ目はフリマアプリで処分するという方法です。

 

写真を撮ってフリマアプリにアップロードすれば、早ければ1時間程度で値段がついて、売れていきます。 めちゃくちゃ早くて、びっくりするほどです(笑)

 

特にブランドものの服や人気があった服についてはかなり回転率も良いそうで、ブランドの名前をキーワードに入れておくと、検索で飛んできた人が購入していくこともあるそうです。

そして子供服についてはどんなに汚れていても、名前が書いてあっても一定の需要があるみたいで、これもかなり回転率よく売れていくというデータがあります。

二つ目の方法は、リサイクルショップに持ち込むという方法です。この場合はグラム売りと言って1 グラムいくら、という形で買い取ってもらうケースもありますが、ブランド品がある場合には1着単位で買い取ってもらうこともできます。

三つ目の方法はそのまま処分するという方法なのですが、可燃ごみに出すのがどうしても忍びないという時には地域のリサイクル資源ごみ専門の回収業者が設置している回収ボックスに出すという方法もあります。

 

地域によっては回収ボックスの設置がない自治体などもありますが、ほとんどこういった回収ボックスはどこかしらの業者が運営していますので、持ち込んで無料で処分することができます。

スポンサーリンク

どうしても捨てたくない時は

どうしても捨てたくないけれども、自宅に保管しておくには服の量が多すぎる!という時は、トランクルームの契約も考えましょう。

 

本当は服を捨てた方が良いのですが、捨て方がわからず、また処分するにはあまりにも忍びないという時には、トランクルームを契約してそのトランクルームに服を預かってもらうという方法があります。

 

契約料金もそこまで高くないことがほとんどなので、お金を払ってでも服を保管しておきたいという人は、こういったサービスの利用も検討してみましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

服の捨て方はなかなかよくわからないものですが、ルールを決めて断捨離に取り組むことで、意外と効率よく服を捨てることができます。

特に最初の一着を捨ててしまった後は、流れ作業のようにスムーズに服を捨てることができるようになるものですよ。

スポンサーリンク