マウスコンピューターがおすすめ!コスパ最強の理由を説明します
スポンサーリンク

こんにちは、狛江人(@komaebito)です。

みなさんは、「マウスコンピュータ」をご存じでしょうか?

乃木坂46のCMが有名で、テレビでもよく見かけるようになりました。

安いのは知ってるけど、品質悪いんじゃないの・・・?

故障時のサポートが不十分なんじゃないの・・・・?
これらの疑問について、半年間使用した私が感想も含めて、ぶっちゃけ良い点・悪い点を紹介していきたいと思います。

今後PCの購入を検討されている方は参考にしていただけると幸いです。

スポンサーリンク

マウスコンピューターとは?

まずは、マウスコンピュータの特徴について紹介していきたいと思います。


マウスコンピュータの特徴の1つとして、注文をBTOで行うということです。BTOとは、「Build To Order」の頭文字をとった略称です。「受注生産」というシステムで製造されており、予算に合わせて自由にカスタマイズして注文することができます

具体的に、CPUやメモリー、SSDなどの容量やパワーを自分の要望に合わせて増やしたり減らしたりして、オリジナルのパソコンを注文することができるのです。

パソコンの用途は人さまざまです。

単にインターネットやYouTubeを見るだけであれば安い価格帯30000円程度のパソコンでも十分ですし、逆に動画編集をして配信したいという方には、20万以上の高スペックなパソコンを選ぶこともできます。

スポンサーリンク

主なマウスコンピュータの種類

mouseシリーズ(平均予算12万)

主に一般ユーザをターゲットとしたブランドです。ノートパソコン・デスクトップ・タブレットなど幅広いラインナップでそろっており、価格も安いものから高いものまで選べます。

デスクトップパソコン

 

マウスコンピューターのおすすめデスクトップパソコン (PC) [LUV MACHINES シリーズ / LUV MACHINES Slim シリーズ] では、自分に合ったカスタマイズができるBTOパソコンならではの豊富なバリエーションから選ぶことができます。

ノートパソコン

 

マウスコンピューターのおすすめノートパソコン (PC) [m-Book シリーズ] では、軽量・小型のモバイルタイプから、高精細液晶と高性能グラフィックス搭載のハイエンドタイプまで、13.3型~17.3型までの画面サイズで種類も豊富です。BTOに対応しており、CPU・メモリ・ドライブなど多彩なカスタマイズ注文をすることができます。!

G-Tuneシリーズ(平均予算20万円)

高性能グラフィックスと優れた放熱性能が特徴的で、高負荷がかかるゲームを快適にプレイするためのパソコンになっています。

DAIVシリーズ(平均予算23万円)

動画編集やイラスト制作などのクリエイティブな環境に最適な仕様を提供しています。プロのクリエイターや動画配信などを行うYouTuberに人気のシリーズになっています。

スポンサーリンク

マウスコンピューターを購入するメリット

では、実際にマウスコンピュータを半年使ってみてよかったと思うメリットについて紹介していきたいと思います。

価格が安い

まず1番のメリットはこれですね。圧倒的に価格が安いです。ただ価格が安いだけでなく高性能ということも追加しておきましょう。

実は、マウスコンピュータを購入する際にMacBookAirと迷ったのですが、迷った型番の2つのスペックを見てみましょう。

ほぼ同スペックのマウスコンピューターとMacを比べるとかなりの価格差が出ていることがわかります。実際上記の例だとスペックではマウスコンピューターのほうがMacよりも上回っています。(HDD,グラフィックス、CPUどれも)

そのため、ただ安いパソコンを出しているわけではなく、性能面でも十分コストパフォーマンスが良いということは上記でわかると思います。

安心の国内生産

なんでこんなに安いの?中国とかベトナムの工場で作ってるからでしょ?
と思った方も多いのではないでしょうか。実は自分もそう思っていましたが、マウスコンピューターは、一部を除いてほぼ国内で生産を行っています。
長野県飯山市というの美しい自然の中で、一台一台ていねいに手づくりされているのです。

工場のスタッフの手によって丁寧に組み立てられ、かつ厳しい検査をクリアしたものだけを出荷しているため、初期不良の数が極めて低いといわれています。

しっかり製造プロセスが完成されているものだからこそできるクオリティーの高さなんでしょうね。

サポートがしっかりしている

価格が安いということは、売ったらそれでおしまい?
サポート体制が不十分なんじゃ・・?
こんな意見も出てきそうですが、サポートに関してもマウスコンピューターはしっかりしています。

24時間365日の電話サポート

なにかとトラブルが多いパソコンですが、マウスコンピューターでは、24時間365日サポートデスクを設け、お客様対応をしています。

平日限定だとなかなか電話がつながりづらかったり、仕事の合間に電話したりとストレスが多いイメージのサポートセンターですが、24時間365日というのはめちゃめちゃありがたいですよね。

最近ではLINEを使用したサービスのようで手軽に利用できますね。

土日でも深夜でも対応可能というのは、この価格帯ではありえない神サービスだと思っています。

故障の際は96時間で修理完了

故障した際も平均的にマウスコンピューターでは、96時間(実質4日)以内に対応していると宣言しています。

今までほかのメーカーで修理に出したことありましたが、この短期間で修理完了は聞いたことなかったですね。最低でも10日、2週間は当たり前のようにかかっていました。

しかし、国内生産でしっかり製造もプロセス化されているからこそ、故障の不良個所の特定も早く、素早く対応することができるというのがマウスコンピューターの強みなのではないでしょうか。

ちなみに、半年間毎日使用していますが、動作不良は今のところ一度もありません。

マウスコンピューターを購入するデメリット

こんな安くてサポート体制万全のマウスコンピューターですが、デメリットも上げていきたいと思います。

送料がかかる

マウスコンピューターでは送料が一律3000円(税別)かかります。こればっかりはもう少し何とかしてもらいたいところ。さらに代引きにすると+2000円(税別)かかってしまいます。

そのため、コスパ重視でパソコンを購入している人が多いと思いますので、代引きを使わない決済方法を選択することをオススメします。2000円ってまあまあ高いですしね。

デザインはいまいち。さらに重い

次にデザインですが、正直・・・・・・微妙です。今はやはりノートパソコンだと「薄くて軽い」をイメージする方が多いと思いますが、マウスコンピュータに関しては、「厚くて重い」ですね。

ここがやはりアップルとの圧倒的な違いだなと思うところではあります。デザインも「ザ・ノートパソコン」といった感じで、デザインにこだわる方にはいまいちかなと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

以下、まとめです。

・圧倒的に価格が安く、性能面でのコスパ最強!
・サポート体制が24時間365日で超便利!
・修理も96時間以内でめちゃくちゃ早い!
・デザインは微妙・・・というか普通
・ノートパソコンは、重く厚い

マウスコンピュータを半年間使ってきた経験をもとにマウスコンピュータを購入するメリット・デメリットをまとめてみました。

パソコンを購入する際は、使う目的により、何を優先にするかが変わってくると思いますが、少なくとも自分の中では、「マウスコンピュータ」はかなりコスパが良いバランスの取れたパソコンメーカーだと思っています。

富士通やNECなどのメーカーパソコンは初めからいろいろなアプリケーションが付属されていることにより値段が高くなっていますが、それに比べマウスコンピューターは余分なものを一切削除して、その分性能品質を高く、値段が抑えられているため、今後のノートパソコンの選択肢に入っていくのではないかと思います。

まさに、飛行機会社でいうLCCみたいな感じですよね。

ぜひマウスコンピュータの魅力が伝わったら幸いです。

スポンサーリンク