山頭火のカップ麺「旭川とんこつ塩」を食べてみた
スポンサーリンク

こんにちは、狛江人(@komaebito)です。

 

コンビニのオリジナル商品を今後実食しながらどんどん紹介していきたいと思います。

 

今回は、セブンイレブン限定発売のカップ麺「山頭火 旭川とんこつ塩 」を紹介していきたいと思います。

 


山頭火 旭川とんこつ塩 136g×12個

スポンサーリンク

商品紹介

山頭火

商品名:山頭火 旭川とんこつ塩
価格:278円(税込)

旭川ラーメンの名店「山頭火」の「しおラーメン」を再現しました。
練りごま、ラードを加えたスープは、山頭火特有の濃厚でコクのあるクリーミーな味わいです。チャーシュー、メンマ、なると、きくらげ、梅干、ねぎを具材にしました。

セブンイレブンホームページ

食の宝庫といわれる北海道ですが、実は都市によってラーメンの特色も異なるのだとか。

 

確かに北海道は非常に広いので、街によってそれぞれラーメンに特色があるのもうなずけます。札幌ラーメン、函館ラーメン、そして今回ご紹介する山頭火がその代名詞にもなりつつある旭川ラーメンです。

 

山頭火(さんとうか)は旭川ラーメンの中でも非常に知られた名店ですね。

 

とにかく柔らかいチャーシューと、優しい味わいの塩ラーメンがマッチするのが山頭火のラーメンの特徴です。もう一つ面白いポイントとしては山頭火でラーメンを食べると、トッピングとしてカリカリの小梅がついてきます。

 

では調理していきましょう。

 


山頭火 旭川とんこつ塩 136g×12個

 

スポンサーリンク

成分表

山頭火

スポンサーリンク

調理

まずは封を開けて中身を取り出してみます。
「かやく」「液体スープ」「粉末スープ」「焼豚」の4つです。

 

写真だと少しわかりにくいのですが、チャーシューのクオリティが普通のカップラーメンでは見たことのない分厚さで本格的な作りになっていました。

 

チャーシューを大事にしている山頭火ですから、このあたりをきちんと再現しようとしていたのは個人的にとても高評価です。
山頭火

やはり、山頭火といったら、この梅干しがポイントですよね。「小梅」と書かれています。

梅干しが入っているカップラーメンは人生初です。
山頭火

そして、液体スープ以外を投入し、お湯を入れて4分待ちます。
山頭火

 

 

山頭火

実食

4分待って完成です。
山頭火

早速いただいてみましょう。

山頭火うまい!

 

久々に食べましたが、コンビニのカップラーメンってこんなにうまいんだと驚きました。まずスープのクオリティが高いですね。かなりクリーミーな濃厚とんこつといった味なのですが、豚骨独特の臭みがほぼないです。スープがうますぎですね。重くないのでどんどん飲んでしまいます。

 

ここまでクオリティ高く再現できるのは技術力の勝利なのでしょうか。はたまた、メーカー担当者と山頭火の担当者の根性と努力と汗と涙の結晶なのでしょうか。とにかく最大級の賛辞を送りたいくらい、クオリティが高いスープです。ここまで旨いスープをコンビニのカップラーメンで飲めるのは意外なことでした。

 

麺について
こちらもノンフライ麺ですね。中太の太さでしっかりコシもあります。
ノンフライなのでスープが変に脂っこくならないのもポイントが高いです。カップラーメンによっては麺が柔らかくならず、ハリガネを通り越したレベルで硬すぎる!というケースもあるのですが、今回の山頭火旭川とんこつ塩についてはそんなことはありませんでした。ノンフライ麺なので硬さが残るかな?とちょっと心配だったのですが、しっかりとしたコシを残しつつ、綺麗にほぐれてくれたので食べやすかったです。
風味も十分に感じられるような仕上がりで、麺の風味の果てまでコンビニのカップラーメンで感じられるようになるとは、と感動しながらいただきました。通常のカップ麺の場合は、麺が油で一度あげられていますので、お湯で戻した際に麺の油がスープに溶け込んでしまい、スープの風味がどことなく油っぽくなってしまうことがあるのですが、ノンフライだとこのようなことがなく、スープも最高のコンディションで飲むことができます。
チャーシュー
チャーシューは封を開けたときにも思いましたがかなり分厚くしっかり本格的にできています。

ペラペラな安っぽさが全くないです。そのため、熱湯に浸ると本格的なチャーシューに生まれ変わります。かなり噛み応えもあります。それでいて脂身的な部分もちゃんとチャーシューに残っていますので、一般的な厚切りのドライチャーシューのような噛み応えがあるだけではないのです
脂身のとろっとした食感も楽しむことができるため、ここまでチャーシューに妥協せず向き合ったメーカーの姿勢はあっぱれです。
小梅

まあ、これは・・・あまり特徴なかったですね(笑)。カリカリ梅干しがラーメンに飛び込んだ!って感じでした。種までバリバリ食べてしまいました。

 

まあこのあたりは山頭火のラーメンの特徴として小梅というのがあるだけですから、特に風味的な意味合いはないのではないでしょうか。でも、カップラーメンできちんと山頭火の小梅まで表現したのはチャーシュー同様に本当に努力に敬意を表したいポイントだと思います。

 


山頭火 旭川とんこつ塩 136g×12個

山頭火旭川とんこつ塩のちょい足しは?

個人的には、山頭火の旭川とんこつ塩のカップ麺にはちょい足しレシピは不要です。物足りなさを感じるかもしれませんが、これは一つの完成された料理としていただくのが良いでしょう。

 

どうしても食事が物足りなくて何かちょい足しをしたい、ということであればフレーバーを変えるようなものではなく、やはり白ご飯を投入するのが良いのではないでしょうか。

 

 

お店でも特にラーメンに投入する白ご飯などの提供は行われておらず、代わりにネギ飯と呼ばれるサイドメニューなどが存在するようです。また、半熟卵くらいであれば、ラーメンの味を壊さずに、よりマイルドな深みを楽しむことができるのではないでしょうか。コンビニにも半熟卵は売られていますので、一緒に購入しておくとよいでしょう。

 


山頭火 旭川とんこつ塩 136g×12個

評価・まとめ

満足度:★★★★★
コスパ:★★★★★
美味しさ:★★★★★

今回久しぶりにコンビニのカップラーメンを食べましたが、何度も言いますがクオリティが高すぎです!

 

 

特に山頭火のスープのクリーミーさは、下手なラーメン屋よりも全然うまいです。粉末スープでここまで、本格的な味が出せるんだなと驚きました。久しぶりに「山頭火」店舗のほうへも行きたくなりました。

 

278円で、この味はコスパ良すぎです!ぜひお試してみてください。

 


山頭火 旭川とんこつ塩 136g×12個

 

スポンサーリンク