PCの動作が重い!パソコンによくある原因とその対応方法を紹介
スポンサーリンク

こんにちは、狛江人(@komaebito)です。

Windowsのパソコンを使っている時に、なんだか急に動作がもっさりとしてきたり、うまく動作してくれないということはありませんか?仕事で忙しい時に限ってこのような状況になることもあり、ストレスが溜まるものなんですよね。

Windowsの動作が重たい時には実はいくつかチェックしておくと良いポイントがありますので、ここではWindowsの動作が重たいと思った時にチェックしたいポイントをご紹介していきます。

スポンサーリンク

そもそもWindowsはなぜ重くなる?

そもそもWindowsはなぜ重くなるかと言いますと、基本的には長時間起動していることによってパソコンのメモリが徐々に足りなくなってくる(人間で言うと睡眠不足状態に近い)ことが原因です。

しかし、それよりも最近はWebブラウザをたくさん使っているとキャッシュが溜まって動作が遅くなるということがあります。また長時間パソコンを使い続けていると、いわゆるゴミファイルが溜まってくることがあります。

キャッシュとは

キャッシュというのはWebサイトを閲覧した時に発生する、ホームページを読み込んだ時のデータです。 Windowsはパソコンを使っている人が、いつまた同じホームページを見てもスムーズに表示ができるように、ホームページを表示した時にそのコピーをパソコンの中に取り込む機能があります。しかしこれをあまりにも多く取り込みすぎてしまうと、最終的にパソコンの動作が遅くなってしまうことがあります。

ゴミファイルとは

正式名称はまた色々とあるのですが、ここでは簡単にゴミファイルと説明します。

パソコンは起動してからいろいろと操作をしていると様々な処理を水面下で行います。たとえばファイルを一つコピーして他のフォルダに貼り付けるだけでも、多くの処理が発生しています。これらの処理を行う時に、どうしてもゴミファイルのようなものがパソコンの中に小さく溜まっていくんです。人間で言うと、仕事をしている時にちょっとずつストレスが溜まっていってる感じでしょうか?とにかくこれが溜まりすぎると頭の中がパンクするのと同じで、パソコンの動作が遅くなってしまいます。

 

スポンサーリンク

チェックポイント1 キャッシュの削除

まずWebサイトをたくさん見た時に出てくるキャッシュがパソコンの動作を遅くしていることが考えられるので、キャッシュを削除してしまいましょう。

キャッシュの削除は簡単です。使っているパソコンのインターネットのブラウザの設定画面を見てみると、キャッシュの削除という項目がありますのでそれをクリックするだけ。 もし可能であればついでにクッキーというものも削除してしまいましょう。クッキーの削除方法は以前書きましたのでこちらを見てみてください。

スポンサーリンク

チェックポイント2 不要なファイルを削除する

続いて不要なファイルも削除してしまいましょう。ここで言う不要なファイルというのは使わなくなったファイルではなく、パソコンの内部で自動的に蓄積していくタイプの「本当のゴミファイル」の方です。これらは手動で消去するよりも専用のソフトで一括消去した方が楽だと思います。「パソコン クリーナー」などで検索してみると色々とソフトが出てくるのでこれらを使ってみてください。

ちなみにおすすめはCcleanerというフリーソフトです。

対処法 チェックディスクを実行する

昔からWindowsのパソコンを使っている人には、スキャンディスクと言った方がわかりやすいかもしれませんね。 Windowsのパソコンには元から、パソコンの状態を診断して小さいエラーであれば自動的に修復してくれる機能があります。最近のWindowsではチェックディスクと呼びます。

 

スタート→ファイルの検索→コマンドプロンプトに進みます。

 

この時コマンドプロンプトは右クリックして「管理者として実行」にします。

 

その後内容としては「この機能はパソコンに変更を及ぼすことがあるが、実行しても良いか?」という質問が出ますので、これはOKします。

 

その後黒い画面に白地で何やら英文が出てきますが、ここには画像の通りchkdskと入力して、エンターキーを押します。

そこからは、機械が自動的にパソコンの中のエラーなどをチェックしてくれます。

 

エラーチェックが終わったら、結果が表示されます。

 

特にエラーは見つからなかったと表示される時でも、実際には内部でゴミファイルを処理したり色々と調整をしてくれていますので、効果が期待できます。

 

その後は再び画面にexitと入力してエンターキーを押すとコマンドプロンプトを終了できます。

 

最後に仕上げとして、一度パソコンを再起動すると良いです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回紹介したチェックポイントを押さえるだけでも、かなりパソコンのパフォーマンスは変わってくると思います。もしこれでもうまく動作しない場合は、パソコン自体に何か故障が発生している場合があるので、専門的な診断が必要になります。

個人的には、これらの対処でパソコンのパフォーマンスが戻ってこない時には、無理をせずプロに相談した方が良いと思います。 よくわからないけど、とりあえず色々と設定をいじってみるというのが一番危険で、これをやってしまうとプロでもお手上げになってしまうことがあります。危ないなと思ったらその段階で手を触れずにプロに頼むのが一番ですね。

スポンサーリンク