IFTTTとは?Google homeで連携するとめちゃめちゃ便利な利用方法とは?
スポンサーリンク

こんにちは、狛江人(@komaebito)です。

最近何かと話題のスマートスピーカー、Google Homeを使っている方の中には、もう少しこんな機能が付いていると嬉しいのに…というアイディアを持っている人も多いと思います。

確かにGoogle Homeは便利な存在ですが、意外とできることが少ないような気がしますよね。ですが、実はGoogle HomeはIFTTTなどの連携サービスと連携させてからが本番なんです。めちゃくちゃ機能が便利になります。今回は、Google HomeをIFTTTなどのサービスと連携させることによって実現できる機能について、紹介していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

そもそもIFTTTとは?

Google home

IFTTTはイフトと読みます。

If This Then That

の頭文字をとってIFTTTです。
日本語に訳すと

「もし条件がこれなら、あれをやって」

みたいな感じですね。これは元々Web上にある様々なサービスを連携させることができるもので、例えば明日の天気が雨だとわかったら、自分のメールアドレス宛に自動でメールを送ってくれるようにするなどの使い方ができるサービスです。

 

この場合は

「前もって設定しておいたエリアの天気予報が雨になったら」

というのが発動条件で、

「指定したメールアドレス宛に自動でメールを送信する」

というのが実行する内容になります。

 

この機能を、Google Homeと連携させることができるようになりました。

つまりGoogle Homeに何かを話しかけることによって様々なアクションを代わりにやってもらうことができるようになったというわけです。個人的な感想ですが、これはめちゃくちゃ便利です。

 

スポンサーリンク

Google Homeと連携させてできること

大原則として、Google Homeは話しかけることで利用します。つまり話しかける内容そのものを、前提条件としてセットすれば良いです。ちなみにGoogle Homeの基本的な使い方は以前にも書いたので、そちらを確認してください。

それでは、Google Homeを様々なサービスと連携させることで何ができるか見てみましょう。

毎日の勤務時間を記録できる

例えば朝出かけるとき、Google Homeに「これから会社に行ってきます」と、声をかけたとします。

この「行ってきます」というキーワードを条件にセットしておくことで、 Google Homeは声をかけられた時間のタイムスタンプを自動的に「スプレッドシート」というエクセルのようなツールに、記録していくことができます。

ただし、これだけだと出勤時間だけを記録することになってしまうので、同じようにして「これから家に帰るよ」という条件もセットで設定しておくと良いです。

Google Homeは基本的にGoogleアカウントと紐付けされているので、スマートフォンから話しかけても同じ効果が得られます。

会社を出るときにでも「これから家に帰るよ」とスマートフォンのGoogleアシスタントに話しかけると、朝会社に行く時と同じようにスプレッドシートに退勤時間をメモすることができます。

急病時の自動メール

 

例えば具合が悪い時って、スマートフォンやパソコンを触れないという時もありますよね。

布団から出られないこともあると思います。そんな時にはGoogle Homeに向かって「今日は会社を休む」とか「かなり具合が悪いんだ」と話しかけた時に発動する連携をセットしておくのがオススメです。

連携させておくことによって自動でメールを送ることができるので、このようなキーワードをキャッチした時に、あらかじめ指定しておいた家族などのメールアドレスに「○○さんが体調不良というメッセージを発しました。このメッセージは自動送信されています」 のようなメールを送ってもらうことができます。特に一人暮らしの時などは高熱で布団から一切出られないということもあると思います。

ふらふらで画面を見ていると吐きそうだということもあるでしょう。

そんな時に声ひとつでメールが送れるのは、めちゃくちゃ便利!

 

スポンサーリンク

まとめ:【Googleは人生を変える】

いかがでしたでしょうか?

ちょっと前までロボットがここまでできるというのは知られていなかったと思います。

Googleの技術の進歩がものすごく急速になってきていて、ここまでの事ができるようになりました。今やGoogleの技術がなければ生きていけない!という人もいるのではないでしょうか?少なくとも、自分はGoogle様様です。(笑)

まず自宅に一台置いておいて損はないと思うので、Google Home、早めに手に入れておきましょう。 ちなみに Google Homeには普通のGoogle HomeとGoogle Home miniという二つのラインナップがありますが、どちらも機能的なものはほとんど変わりません。

個人的にはどちらもあまりスペースは取らないので、音質が良い通常のGoogle Homeの方がおすすめです。

スポンサーリンク