ホームページがエラーで見られない?原因解決法を紹介します。
スポンサーリンク

こんにちは、狛江人(@komaebito)です。

ネットサーフィン(死語)をしていると、たまにホームページが見られないことがありますよね?
原因がわからないとなぜホームページが見られないのかとモヤモヤする人も多いと思いますので、今回はホームページがエラーで見られなかった時の原因を早見表的にお教えします。

スポンサーリンク

そもそもホームページが見られない理由は?

そもそも何でホームページが見られないのかと言いますと、大きく分けてホームページを見ている側に原因があるパターンと、ホームページを保管しているサーバーそのものに原因があるパターンの2パターンに分かれます。

そしてそれらは、ホームページがエラーで見られなかった時に表示されるエラーコードでだいたい原因がわかります。自分はこのエラーコードによってホームページ側に原因があるのか、自分の環境に問題があるのかをジャッジするようにしています。

では、どんなエラーがあるのでしょうか?紹介していきたいと思います。

200 OK

これは基本的に画面に出てきませんが、基本中の基本なので紹介します。200は、普段画面に出てくることはありません。ホームページの読み込み処理が問題なく完了したことを示すコードだからです。ブラウザではなく、少し専門的なプログラミングをやっているエンジニアの方は、このコードが出ると一安心かもしれませんね。自分も結構、これを見て安心することがあります(笑)

301 リダイレクト

このコードが出る時は、ホームページ自体は表示されていると思うのですが、おそらく最初に見ようと思ったホームページのURLと、今見ているホームページのURLが、別物だと思います。

つまり、最初にアクセスしたホームページが引越していたので、新しい住所に転送したよということを表すコードです。これもエラーではありませんが、ごく稀にブラウザに表示されることもあるので、覚えておくと良いですね。

400 Bad Request

このエラーが出ると、もう意味が分からなくて、なんのこっちゃ?と思う方も多いと思います。
このエラーについては、詳しく書いた記事があるので、こちらを参照ください。

楽天トラベルを使っていると、このエラーが結構多発します。

401 Unauthorized

このエラーはアクセスするのに、パスワードやIDが必要なホームページにアクセスしようとして、認証を要求されている状態です。基本的にIDやパスワードがないと、入ることはできません。

このパターンは、こちら側からどうすることもできないので、パスワードが分からない時は諦めるしかありません。パスワードなどが必要ないホームページなのにこのエラーが出てくる時はホームページの更新作業中か、ホームページ自体の設定が壊れていて、管理人でさえも意図しないでこの状態になっていることもあります。よくある会社の公式ホームページなどがこの状態になっている時は、90%以上の確率で管理者側でも気づいていないと思います。電話の一本でもかけて、教えてあげると良いですね(笑)

403 Forbidden

これも管理者側の設定の問題で、ホームページが見られない状況です。分かりやすく言うと、関係者以外立ち入り禁止の状態になっています。これも管理者側の設定を間違えると出ることがあるので、どう考えても普通のホームページなのにこれが出るときは管理者に一言教えてあげると良いと思います。

404 Not found

これはホームページのURLが間違っている場合におきます。アクセスしたURLに何もないことを意味します。以前は中身があったホームページなのに、すでに内容が削除されている場合に出ることもありますね。こればかりはアドレスの打ち間違えなどを確認した方が良いです。

500 Internal Server Error

ホームページを管理しているサーバーの設定が間違っていたり、何かエラーが起きていると出てくるエラーコードです。これは基本的に閲覧側でどうこうできる問題ではありませんので、管理者が対応するのを待たなければなりません。

503 Service Unavailable

一時的にホームページが利用できない状況です。ほとんどの場合は回線パンク状態と表現して良いと思います。つまり、ホームページを管理しているサーバーが一度に大量のアクセスが集中していて、ダウンしている状態です。

よく、テレビで何か特定の商品が取り上げられた時に、その商品を販売している会社のホームページがこのエラーを起こすことがあります(笑)アクセスが集中しているだけなので、時間をおいて再度アクセスすると、何事もなかったように内容が見られることがほとんどです。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

意外とこの手のエラーは閲覧者側には罪のないものが多く、サーバーの管理者の方でしっかりしなければならないケースが多いです。 特にアクセスが集中した時に出てくるエラーはサーバーを増強したり、設定をしっかりと見直すことで防げることもあります。突発的にアクセスが増えるような可能性のある時にはエンジニアさんやサーバーサイドの管理ができる会社に一度サーバーの設定を見てもらった方が良いかもしれませんね。

スポンサーリンク