楽天トラベル エラー 400 Bad Request  解消法を教えます
スポンサーリンク

こんにちは、狛江人(@komaebito)です。

旅行などの予約を「楽天トラベル」で行おうと思って、ページを進めていたら

400 Bad Request
If page you requested are not displayed, please click here.

と表示されたことありませんか?

も毎回ネットで探して

面倒臭いなー

と思いながら対応していたので、メモも兼ねてエラー解消法を紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

400 Bad Requestの原因

そもそも、400 Bad Requestとは?

ネットで調べると、「ユーザー側から送られた情報(URLとか)がサーバ側で理解できなかった、 もしくは回線に問題がある場合に表示されるエラーである。」

なんのこっちゃ?と思いますよね。

ひとまずこのエラーについてはあくまでも「こちらからお願いした内容が楽天トラベルのサーバーの方で処理できなかった」だけのこと。ただし、この時点で予約などは完了していない可能性が極めて高いので、もう一度情報を送ってあげる必要があります。そしてその前に、エラーの原因を取り除いてあげなければなりません。その方法をご紹介していきますね

楽天トラベルのエラーページを見る限り、大体の原因は「ブラウザのクッキーが溜まりすぎ」と言われているようです。ここではその対処法をGoogle Chromeの画面キャプチャーとともに説明していきたいと思います。

400 Bad Request 解消法

クッキーって何?

そもそも、あまりパソコンやスマートフォンの操作に明るくない方は「クッキーってそもそも何?」という話だと思います。そこでここでは少しだけ、クッキーについても触れておきます。

クッキーはパソコンの中にある小さなファイルなのですが、これは病院で言うところのカルテや診察券のようなものに当たります。もう少し簡単に言うとお店のポイントカードのようなもので「そのホームページに訪れた人が前にも訪れたことのある人だ」と証明するものになります。

こんな経験をしたことはありませんか?例えばホームページに何か情報を入力したり、通販で物を買った時に住所や名前を入力しておいたら、その次にそのホームページを訪れた際に自動的に個人情報などが入力されていたというケースです。

これはクッキーがきちんと働いていて前にもそのホームページで情報入力したことがあるぞというのを読み取って情報をかわりに入れてくれているのです。

これにより毎回毎回同じような内容を入れなくても、クッキーが記録として残っていれば、自分で入力した情報を代わりに入れてくれるようになるのです。これがクッキーです。しかし、このクッキーは実は完全なものではありません。もう何十年も前からクッキーというシステム自体はあるのですが、たまにこのクッキーがパソコンの中に溜まりすぎてしまって悪さをすることがあります。今回のケースも、このクッキーが悪さをしていると言って良いと思います。そしてこのクッキーを削除することで、楽天トラベルのエラーを解消する一助になるというわけです。

スポンサーリンク

「400 Bad Request 」エラーの解消法(Chrome編)

Chromeの右上にある点のアイコンから「設定」を選択

400 Bad Request 解消法

普段使っているウェブブラウザがGoogle Chrome の場合はGoogle Chromeの右上にある、縦に三つ並んだ点のアイコンをから設定画面に進みましょう。

「設定」画面から「詳細設定」を選択

400 Bad Request 解消法

その画面の下の方に進めていくと詳細設定という画面が出てきますので、こちらをクリックして詳細設定の画面に進みます。

「詳細設定」から「コンテンツの設定」を選択

400 Bad Request 解消法

コンテンツの設定という画面がありますので、こちらに進みます。

「コンテンツの設定」から「Cookie」を選択

400 Bad Request 解消法

色々な設定項目がありますが、ここでは他の設定項目に触らずにクッキーという部分をクリックします。

「Cookie」から「すべてのCookieとサイトデータを表示」を選択

400 Bad Request 解消法

クッキーのブロックなどは選択せずに「すべてのCookieとサイトデータを表示」に進みます。この時「終了時に消去」というボタンを早合点して押してしまいそうなのですが、これはまた別の設定となりますので、画面で紹介している通りの項目に進んでください。

削除するCookieのサイトドメインを入力し、「表示中のサイトをすべて削除」を選択

400 Bad Request 解消法

ここで注意すべきポイントはサイトドメインを指定するということです。今回の楽天トラベルの場合には「travel.rakuten.co.jp」になります。そのほか例えば、ヤフーショッピングの場合には、「shopping.yahoo.co.jp」になります。サイトのトップURLですね。

何も指定せずに削除を押してしまうと、すべてのCookie情報が削除されてしまうため、いろいろなサイトで
Google Chromeに覚えさせているユーザID,パスワードなどがすべて消えてしまいます。
そうなると、再度入力し直さないといけないことになってしまいます。

Chromeを再起動

最後に一度Chromeを閉じて再起動すれば正常に表示されるようになります。
お疲れ様でした!

スポンサーリンク

例外編:それでも万が一解消できない場合

まれに上記の手法でも解決できない場合があるようです。その場合には、すべての履歴・ブラウザを消してしまいましょう。

「詳細設定」から「閲覧履歴データを消去する」を選択

400 Bad Request 解消法

期間を「全期間」に指定し、チェックを全てに付け、「データを消去」を選択

400 Bad Request 解消法

これでおそらく解決されるかと思いますが、上記に記載した通りすべてのCookie情報が消されてしまうので
今まで自動入力できていた部分がすべて再度手入力になってしまいます。
お疲れ様でした!

おまけ:どうしても解決出来ない場合は?

ごく稀にですが、ここまでやってもエラーが解消できずに、何度も何度も同じエラーに直面してしまうというケースがあります。ここまで来ると、ほとんどの人が解決できずに、別の端末から楽天トラベルを利用しようとするなど、泣き寝入りしてしまうこともあります。しかし、意外と試しているようで試していないのが、パソコン本体の再起動という方法です。

ファイルを削除したり設定を変更したりしても、ごく稀にパソコン本体がうまく動作していない時や、あまりにも長い時間動作させ続けている時などは、ファイルの削除や設定の変更そのものがうまく処理されていないというケースがあります。これは、パソコンを再起動することで一旦リセットできる可能性があります

人間も寝不足で、何日も寝ていないと処理能力が落ちることがありますが、パソコンも案外これと同じことが起こり得ます。まずはパソコンを再起動して、その上でもう一度上記の手順を試してみてください。多くの場合は、これで解決します。ここまでやっても、どうやっても解決できない!という場合は、パソコン本体に何かしらの故障が出ている可能性があるので、お近くのパソコンに詳しい人に聞いてみてください。その時にはCookie」の削除がうまくいかないと伝えてみてください。

「Google Chrome」でうまくいかない場合には、「Internet Explore」や「Safari」といった別のブラウザソフトを立ち上げて同じ作業をしてみましょう。おそらく問題なく予約ができるかと思います。

スポンサーリンク