ウィンドブレーカーの正しい洗い方・洗う頻度を解説します
スポンサーリンク

こんにちは、狛江人(@komaebito)です。

 

皆さん、ランニングの時に使うランニングウェアやウィンドブレーカーって、どのくらいの頻度で洗っていますか?自分はかなりの頻度で洗うようにしているのですが、実際のところ、どのタイミングで洗濯すれば良いかわからないという人も多いと思います。

 

今回はウィンドブレーカーを洗う頻度について、解説していきます。

スポンサーリンク

洗濯頻度

ランニングウェアなどの洗濯頻度に、特に決まりはありません

 

しかし、汚れがついたり汗をかいたら都度洗うという人が多い印象です。それほど汚れていなさそうであれば、汚れがついた部分だけささっと洗ってしまうという人もいることでしょう。

 

汚れをそのままにしておくと、雑菌などが繁殖する可能性があるので注意が必要です。また雑菌が繁殖するということは、その分だけニオイも出てきますので、周囲に迷惑にならないように洗濯をするようにしておくと良いと思います。

 

よくランニングをするという人は、洗い替え用のブレーカーも2・3着用意しておくと大変便利です。

スポンサーリンク

洗濯方法

すぐクリーニングなどに出さずに自分でウィンドブレーカーなどのランニングウェアを洗濯するという選択をした場合は(洗濯だけに・笑)、洗い方に十分注意しておきましょう。

 

まず必ず洗濯表示を確認するようにしてください。洗濯表示というのは、衣類のタグなどに必ず表記されています。

タライにxマークは、水洗いできないという意味ですので、水洗いを控えて他の方法で洗うようにします。というよりほとんどクリーニング一択だと思います。

そして「手のひら」のマークがある場合や手洗いという表記がある場合は40度くらいまでのお湯で手洗いするようにします。マークの中に数字があれば、その数字が温度の上限となります。

洗濯機は使えませんので、必ず手洗いをしてください。ドライクリーニングOKと書いてある場合は水洗いNGの可能性が非常に高いので、安易な判断をせずクリーニング屋さんに持って行った方が良いと思います。

自分はドライクリーニングOKなら水洗いもOKだろうと思って、ジャブジャブ洗ったことがあり、その時は最初からクリーニング屋に持っていけばよかったと激しく後悔しました。

スポンサーリンク

ウィンドブレーカーを洗うときの注意事項

ウィンドブレーカーを洗う時の注意事項をまとめてみました。

(洗濯表示に従うことが大前提で)

・泥がついてるなら先に泥を取ってから洗濯機へ

・洗剤は基本的に中性洗剤

・ファスナーなどを閉める

・袖やフードなどすぼめてる箇所は伸ばしておく

・基本的に裏返して洗濯ネットに入れて洗う

・汚れがついいてる面を表に出すと汚れが取れやすい

・干す時はしわにならないようにする

中性洗剤を使う

ウィンドブレーカーを洗うときの洗剤は、中性洗剤が一般的です。中性洗剤とは、おしゃれ着用洗剤のことです。

アクロン、エマール、ハイジアなどが有名ですね。個人的にはアクロンがオススメです。

アクロン

エマール

ハイジア

最近主流のコンパクト洗剤(よくCMでやっている少量の洗剤で洗濯OKのやつ)も中性洗剤率ものでも問題ありません。裏面の表示ラベルの液性に「中性」とあればOKです。

また、防水ウェア専用洗剤もあるので、それでももちろんOKです。泥汚れがついてたら先に庭先やベランダ、洗面台で泥汚れを取ってから洗濯機へ入れましょう(洗濯機にあまり泥を入れたくないですよね)

【防水ウェア専用洗剤】グランジャーズ パフォーマンスウォッシュ

やや高級ですが、効果は非常に高いです。

洗濯ネットを使う

ぜひやったほうが良いのは洗濯ネットに入れて洗濯という方法です。

おすすめの洗濯ネットはamazonでも評価の高い「ダイヤコーポレーション ふくらむ洗濯ネット特大50 毛布も洗える」です。

ダイソーでも購入できますが、愛用品にはしっかり質の良いものを買った方がベターです。

通常の洗濯物とは違い、ウィンドブレーカーを洗濯機で洗うと凄い音がすることがあります。防水のウィンドブレーカーが洗濯槽にぺったり張り付いたりすることが原因なので、その予防に洗濯ネットに入れましょう。

一緒に混ぜてはいけないもの

また、下記が入っているものもウィンドブレーカーの生地が傷んだり撥水効果が落ちる可能性があるので、基本的にNGです。

・柔軟剤
・漂白剤
・蛍光漂白剤

柔軟剤入の中性洗剤も中にはあるので、成分説明などをよく確認してください。

脱水・乾燥

洗ったウィンドブレーカーを脱水してもいいの?という疑問にお答えします。

脱水はかけないようにしています。アイロンやスチームをかけたい時は、何度までOKか、洗濯表示をよく確認してから行いましょう。そして何度か洗ったりしていると、どうしても防水・撥水効果は落ちてくることがあります。

落ちてきた防水、撥水効果には

・防水スプレー
・防水剤
・撥水剤

などで復活させる方法がありますが、基本的にこれもクリーニング屋さんに頼んだ方が良いでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

今回はウィンドブレーカーの洗い方やその頻度について解説してきました。

 

防水加工がされているウィンドブレーカーは、実は結構デリケートな存在なので、洗い方には特に注意してあげるようにしましょう。長持ちするように洗うというのがコツです。

スポンサーリンク