通信費をもっと抑えたい!節約のためにまず確認することを解説します
スポンサーリンク

こんにちは、狛江人(@komaebito)です。

突然ですが、月々節約をしようと思った時にどのくらいの金額を節約できればあなたは「御の字」ですか?

自分はできる限り、節約を心がけていこうと思っているのですが、月に1万円以上は今のところ通常のコストより節約できているのではないかという感じです。

 

そして今回はちょっとだけ主婦目線での節約テクニックをご紹介します。自分が最近仕事関係でカリスマ主婦と呼ばれる方からお話を聞く機会があって、ご本人様の了解も取れているので、節約術を初級編から上級編まで順番に紹介していきます。

スポンサーリンク

通信関係の見直し

まず節約の初級編は通信関係にかかる費用の節約となります。

人によってはかなり節約効果が期待できると思うのですが、まず自分のスマートフォンやインターネット環境の毎月の費用をもう一度紙ベースで確認してみましょう契約書などがあればそれを見るのが一番良いと思います。

色々と確認を進めていくと、契約時に加入して下さいとお願いされた不要なオプション料金などが付いていることがあります。

スポンサーリンク

初級編

動画配信サービスの見直し

例えば動画の配信サービスなんて全く見ないのに、あるいは動画の配信サービスを契約しているのに、さらにスマートフォンの基本パックの中にも動画配信サービスの利用料が毎月1,000円近くも課金されているという話も結構あります。この辺は一も二もなく真っ先に外して行くようにしたいところです。

また、昔契約したものの今は全く使っていない有料コンテンツなども外しておきましょう。ガラケー時代に契約していた着メロサイトなどの利用料金が、そのまま課金され続けているという笑い話もあるほどです。

これも毎月500円とか1,000円近かったりと、笑い話にならないくらいの金額になっていることもあるので、必ず確認しておきましょう。むしろこの忘れ去られている月額料金が業者側にとってはいい収益源として認識されているくらいなので結構ある話なのだと思います。

プロバイダーのメールアドレスの見直し

また、インターネットのサービスについても確認しておいた方が良いと思います。場合によっては普段使わないようなファイアウォールセキュリティに関するソフトの利用代金が含まれていたり、プロバイダーが提供してくれるメールアドレスの利用料金がメールアドレスを全く使っていないにも関わらず毎月500円ずつ請求されていたというケースもあります。

 

自分も昔こういう経験があるので分かるのですが、毎月500円ずつ5年も6年も課金され続けていると毎月500円が5年で3万円です。3万円あったら何ができるかと思うともう腹が立って仕方がなくて(笑)この辺も確認しておきましょう。

WiMAXプランの見直し

またIT系の仕事をされている人がメインになるのですが、WiMAX関係も一度整理しておきましょう。

仕事で使うからといってWiMAXのプランを上限いっぱいまで引き上げたりしていませんか?

作業環境が変わって全然フリーwi-fiで事足りる状況なのに、WiMAXを上限いっぱいのプランで使っているとそれだけで毎月何千円も損をしていることになります。必要な時にプランを引き上げれば良い話なので、今現時点たいして使っておらず、今後一週間以内に特に使う予定もないという場合にはプランを引き下げてしまっても良いと思います。

意外と通信関係の節約テクニックはあるもので、この辺を全て見直すだけでもうほとんど1万円以上の節約効果が生まれていると言っても、過言ではないと思います。人によっては数万円単位でお金が浮いたという人もいるのではないでしょうか。

この辺りからもう少し他の節約方法についてもご紹介しようと思ったのですが、結構分量があるので他の節約方法についてはまた次回ご紹介することとして、もう少しだけ通信関係の節約方法を紹介させてください(笑)

 

スポンサーリンク

上級編

ちょっと上級ネタになるのですが、通信関係の料金ってどのような方法で支払いをしていますか?

おそらく口座引き落としが一般的ではないかと思うのですが、実はクレジットカードに切り替えられるのであれば切り替えた方が良いです。クレジットカードは利用した金額に応じて3%だったりと、ポイント還元システムがついていることがあります。

それなら毎月の固定費の通信費をカード払いにしてしまうことで、3%程度削減することができるのと同じです。

とにかく今手元にクレジットカードがあって枠が大丈夫そうであれば通信費用の支払いはクレジットカードに切り替えた方が良いと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回はカリスマ主婦の方から伺った節約の方法をいくつか紹介させていただきました。

日頃なんとなく使っている通信費、いま一度見直してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク