買い物代行バイトとは?経験談を語ります。
スポンサーリンク

こんにちは、狛江人(@komaebito)です。

買い物の代行をしてくれる業者さん、使ったことありますか?実はあれ、アルバイトの人が買い物代行の現場に向かうことがありますなぜ知っているかというと、実は数年前に買い物代行のバイトもしたことがあるんです。

貴重な体験だったので、その体験談を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

そもそも代理購入とは?

代理購入とは読んで字の如し、遠方に行って買い物をすることができない人の代わりに何か買い物をしたり、限定商品を何時間も並んで購入して依頼者の方に渡してさしあげる仕事となります。この仕事の現場で実際に並ぶのが、代理購入のバイトです。

例えば、買い物に出向くことがなかなかできないご高齢のお客さんの代わりに買い物に出かけて、何かを買ってきてあげるというのも買い物代行バイトの一種となります。これは地域の便利屋さんなどが、業務の一環として行っていることもありますね。スーパーなどで、よく買い物代行などのスタッフジャンパーを着た人が買い物をしていることがありますが、これは買い物代行のお仕事中なのでしょう。

自分の場合はどちらかと言うと、ご当地限定のグッズなどを専門的に扱う会社さんで仕事をしたのが、今回の体験談となりました。代理購入のバイトは当時SNSで情報が流れていて、メッセージをしてみたらそのまま採用が決まりました。後から社員さんに聞いてみたのですが、いわゆる単発の代理購入は一度に大量の人員を雇ってきて対応することもあるらしく、私が参加した代理購入のバイトがまさしくそれでした。この場合はどうしてもアルバイト情報誌などに情報を掲載しているとタイムラグで間に合わないため、SNSなどで一気に人員確保をすることもあるそうです。

私が参加した時のターゲットは、とあるご当地限定グッズ。朝早くから販売されるグッズのため、依頼があったと聞かされました。

買い物代行バイトを見つけた経緯

当時、自分がどのようなルートで買い物代行のバイトを見つけて、そしてメッセージをして採用されたのか、当時の記憶を掘り起こしてまとめてみました。

自分はその時、まだ全盛期だったmixiを使って色々なコミュニティに所属したり、いわゆるご当地コミュニティなどの情報をチェックしていたというのを思い出しました。

その時はマルチポストという形で様々なコミュニティや日記のコメントなどに買い物代行のバイトの募集がある、という内容が拡散されていたと記憶しています。あと、ちょっと地元で人気者的な人の日記にも「買い物代行のバイトがあるよ」という情報が掲載されていたような気がします。当時はまだTwitterのような速報性の高いSNSがなかったので、日記にそういった記事が掲載されることが多かった印象です。

おそらく今だと、Twitterなどに情報が流れたり拡散されたりするのではないでしょうか?「#買い物代行バイト」などのハッシュタグで検索してみると募集が見つかるかもしれませんね。

その時に買い物代行の募集があるらしい、というのを見つけ、興味があるとコメントしてみたところ、買い物代行業者の方のアカウントを教えてもらい、そこに直接メッセージをした記憶があります。メッセージのやり取りは特に怪しさを感じるものでもありませんでしたが、どちらかと言うと定型文で送ってきているのかな?という感じでした。これは今でもほとんど変わらないと思います。募集をかけると大量に人が集まってくるので、この辺りは定型文の返信でも仕方がないかな、という印象です。

求人情報誌に買い物代行バイトはある?

ところで、求人情報誌に買い物代行バイトの情報が掲載されるということはあるのでしょうか。

ただし、案件的にまだまだ時間的余裕がある場合はどちらかと言うと、求人情報誌に掲載して広く人員を募集する方が良いというケースもあるのだとか。

こういった場合には求人情報誌にも「単発バイト」または「超短期バイト」という形で情報が掲載されることもあるということでした。そしてその他の求人ルートとしては、実際に過去この買い物代行バイトに参加したことがある人に対して募集をかける、または声をかけるというケースも多いと聞きました。

スポンサーリンク

始発で集合

いよいよ当日。

始発で某駅に集合です。

駅に到着すると、まだ夜も明けきっていない時間帯なのに明らかにたくさんの人がいました。後から知ったのですが9割がた、この仕事に参加している代行業の人でした。

しかし、お互いに談笑したりすることはありません。ピリピリしているわけでもないし、馴れ合いをするわけでもないし、不思議な空気のままグッズの販売開始を待ちます。

ちなみにこの時、場合によっては空き時間を有効活用するということで契約書や同意書などに署名をする時間が設けられるケースもあるそうです。この場合にはバイトの際に事前に印鑑を持ってくるように、とか、筆記具を持ってきてください、と案内が入るそうです。

契約書や同意書の内容についてはもちろん買い物を代行します、といった業務に関するものから、業務内容を他の人に明かしたり話したりしません、といった誓約書のようなものも含まれることがあるということでした。ちょっと面白かったものとしては、同意書という形で「買い物代行で手に入れたものを借りパクしたり持ち逃げすることは絶対にしません」というような内容もあるということでした(笑)

自分はこの契約書や同意書をその場で書いたことはないのですが、買い物代行バイトに過去参加したことがある人に話を聞いてみるとこのようなケースもあるのだとか。れはどういうケースで持ち逃げが発生するのかと聞いてみたのですが、限定グッズやかなり高額な商品の場合に、何パーセントかの割合で持ち逃げ犯が出るということでした。中でも持ち逃げが多いのは記念メダルや、鉄道系の限定グッズの買い物代行の時に、購入したグッズの相場をヤフオクなどで見て、そこで魔が差してドロンしてしまうケースだそうです。ちなみにこのケースは間違いなく警察を呼ばれるので絶対に真似してはいけません。

反対に、何らかのトラブルで会社の人とはぐれてしまったり、事情があって買い物代行のバイトを離脱するというケースはほとんどないそうで、仮にそういったケースの場合でも商品や、預かったお金の持ち逃げさえなければ「仕事の途中終了」ということで、特に罰金などは設けていないということもあるそうです。

スポンサーリンク

買い物代行バイト、参加者の雰囲気は?

買い物代行バイトに参加してみたいとは思うものの、そのバイトに参加する他の人たちがなんとなく気になって決断できないままでいる、という人もいるのではないでしょうか?実際に自分が当時のSNSでコメントなどをチェックしていた時も、同じような悩みを持っている人が多くいました。ということは、現在でも同じような悩みを持っている人がいるのだと思います。

これに関しては、本当に様々でした。友達同士で参加している感じの高校生くらいの女の子から、本当に普段どんなお仕事をしているのか全く想像がつかないような出で立ちの方もいたり、ごくごく普通の主婦のような方もいらっしゃったり、年齢層に関してはほとんどバラバラです。若い人が多いとか、ご高齢の方が多いとか、そういった「かたより」は自分が参加したバイトではありませんでした。

もちろん、ちょっと怖そうな、いかついヤンキー風のお兄さん達もいましたが、特に参加者同士でコミュニケーションを取ったりすることが必須ではないので、そこまで困ることはありませんでした。

代行バイト当日の服装は?

買い物代行バイトに参加するとき、当日の服装で困った、という声も多く聞かれます。服装自由という表現しかないのでこれは当たり前といえば当たり前なのですが、自分の時は無難にスラックスにワイシャツで行くことにしました。もちろんノータイです。オフィスカジュアル、といった感じでしょうか。

他の参加者の服装を見てみると、これも本当にバラバラで、ほとんど皆さん私服で来ていたような印象です。中にはスーツをビシッと決めている男性の方もいらっしゃいましたが、これはどちらかと言うと出勤前になんとか予定を合わせて参加しているサラリーマンの方、という印象がありました。

髪の色についても本当にバラバラで、金髪の人もいれば茶髪の人もいましたし、もちろんサラリーマン風の黒髪という人も多くいらっしゃいました。髪を染めているからと言って参加NGということではなさそうです。しかし、買い物代行バイトの現場によっては、たまに服装を指定されたり、髪を染めているのがNGだったりするケースもあるそうです。

それでも、ほとんどの買い物代行バイトでは髪の色や服装について指定はないと思って良いのではないでしょうか。ちなみに、高校生の方は制服だとNGになることも多いそうですので、お気をつけください。

指令伝達

しばらくすると、駅で待機していたみんなが一斉にスマートフォンを見始めました。そうこうしていると、自分のスマホにもメールが入りました。

確認してみると雇い主からのメールで、再確認を含めてミッション内容について説明がありました。

1.ターゲットはご当地グッズの中のAという商品
2.購入の際には買い物代行のバイトであるということは絶対に言わないこと
3.商品を購入したらその場を離れ、近くにいる代行業者の社員さんにグッズを渡すこと

とのことでした。

これらの情報を確認した大量の代理購入アルバイト軍団は、ゾロゾロと販売スペースに向かっていきます。

ちなみに自分が参加した現場では商品の購入代金は、先に持ち出しで立て替えることとなっていました。これが高額な案件になったりするとさすがに立て替えというわけにもいかないので、社員さんがまず札束を持って現場に出てきて、一列にバイトの人が並んで一人1万円ずつ受け取ったりする光景も見られるということでした。

任務開始

スマートフォンに届いたメールを元に、条件などを頭に叩き込んで任務を開始します。やるべきことはひたすら並ぶだけ。皆さんぞろぞろと列に並び、購入できる順番が来るのを待ちます。

私の場合は結果的に1時間15分くらい並ぶことになりましたので、暇つぶしのアイテムは必須だと感じました。

その時は、スマホで普段読めないようなブログを読んだりして時間をつぶしました。仕事で拘束されていながらも自分のために時間を使えるというのは、めちゃくちゃ有益です。自分の事をやりながら時給が発生しているので、これほどコスパの良い時間の使い方はないかもしれません。

代行バイト中によくあるトラブルとは?

自分はまだ遭遇したことはないのですが、買い物代行のバイト中によくあるトラブルについても、色々と経験者の人に話を伺ってみました。

すると買い物代行バイト中によくあるトラブルとして一番多いのは、お店の人や、販売している側の人から「買い物代行の人ですよね?」とか「並び屋さんですよね?」と言われて、販売を拒否されることがあるということでした。

もちろん法的には販売を拒否されるいわれは全くないのですが、現場によっては買い物代行に参加している人たちのマナーが悪かったりして、他のお客さんに迷惑をかけたということで販売拒否という事例もあるということでした。そしていわゆる転売屋と間違われることがあるので、そのあたりも注意が必要です。

代行バイトの中にも悪質なケースがあり、こういった場合は、何度も並び直すように指示をされることがあるそうです。限定グッズなどの案件で何度も並び直しが発生する場合は、転売屋の可能性もあるので、注意した方が良いという話も聞くことができました。

任務終了

しばらく並んでいると自分の順番がやってきて、商品を購入することができました。特に何も言われず任務(買い物)を完了することができ、まずは一安心です。そのまま事前のメールの指示にあった通り社員さんの所にグッズを持って行って商品代金と給料を受け取り、その場で解散…というはずでした。

トラブル発生

指示された場所に行くと、何やら人だかりがありました。話を聞いてみると、どうやら商品代金を渡してグッズを回収する社員さんはいたのですが、アルバイトに参加した人たちのお給料を支払ってくれる別の担当社員さんが寝坊して遅刻しているらしく、お給料を貰えないためアルバイトの人たちが大量にその近くに待機していたようでした。

トラブル解決・バイト終了

これはもしや詐欺的な何かではないか!?

と心配したのもつかの間、すぐに申し訳なさそうな顔をして支払担当の社員さんが現れました。

一人一人目を見て「ありがとうございました」と声をかけてくれ、その上で「朝早くからお疲れ様でした」「また参加してもらえますか?」など、声をかけていて好印象でした。

この時点で私の任務が終了しました。

仕事が終わった後は各自、そのまま解散という流れになります。

気になる買い物代行バイトのギャラは?

ここで大変気になる、買い物代行バイトのギャラについて発表したいと思います。自分が参加した時は、拘束時間が多少長かったのもありますが、一回の買い物代行バイトにつき5000円というギャラをいただくことができました。ただし、交通費込みです。それでも時給換算するとかなりの金額をいただけたことになります。最低でも時給1000円以上にはなったのではないでしょうか。しかも、拘束時間が長いというだけで、とくに労働する必要もなく、買い物を代行するだけなので、楽は楽だと思います。

案件によっては、ここから金額の増減があるそうですが、よほどのことがない限りはこのくらいの水準でギャラではないでしょうか。また、地方都市が現場になるとそのエリアの物価水準やギャラの水準になることがあるので、これよりももう少し単価が下がる可能性はあります

単発バイトの場合は特に1日あたりのギャラが最初に募集の段階で提示されていることがほとんどなので、ギャラに見合うと感じれば応募するのが良いでしょう。反対に、ギャラが最後まで提示されない案件の場合はやめておいた方が良いと思います。

感想

 

いかがでしたでしょうか?

なかなか普段紹介されることのない、代理購入のバイト経験談をまとめてみました。特に演技力も必要なくそのまま並ぶだけなので、文字通り自分の時間を売っているという感じでした。 このアルバイトのメリットは、何と言ってもアルバイト代が高いところと拘束時間中に自分の好きなことをできるところですね。さらに服装頭髪は自由なので、特に何かを用意したりする必要もありません。この部分も高ポイントだと思います。

また、これによりどうしても遠方にいて好きなグッズを調達することができない人の代わりに何かを手に入れてあげることができるので、人助け的な側面もあります。服装・頭髪でアルバイトが難しいという方や、とにかく時間が有り余っているので有効活用したいという方はこのアルバイトがオススメです。さすがに毎日このアルバイトというのは退屈してしまうかもしれませんが、たまにはこういう経験も良いのではと思いました。

スポンサーリンク