転職回数って多いと不利なの?【10年で3回転職したSEが解説】
スポンサーリンク

こんにちは、狛江人(@komaebito)です。

 

 

私は新卒で入社し現在まで3回転職を経験しています。わずか10年程度で4社経験することって周りと比べると比較的多いのかなと思います。

 

 

その転職回数についてよく、、

 

転職の回数、転職時に不利にならないの?

何回までなら転職OKなんだろう・・・?

こんな疑問を聞きます。今回はこれらの疑問について解説していきたいと思います。転職を考えている方はぜひ参考にしていただけると嬉しいです。

スポンサーリンク

簡単な経歴を紹介

ざっくり業種と規模はこんな感じです。

業種 会社規模(※入社当時)
1社目 大手システム開発会社 5000人
2社目 音楽アプリコンテンツ会社 1000人
3社目 コンサルティング会社 5000人
4社目(現在) 自動車メーカー 20000人
スポンサーリンク

エンジニアは転職回数が多いのが普通?

すべての業種について言えるわけではありませんが、エンジニアについては転職回数が平均的に多いという印象です。

 

 

そもそもエンジニアの仕事というのは、上流工程(要求定義・ヒヤリングなど)から下流工程(開発・テスト)まで一連の流れがありそれぞれに人が配置されています。そして1つのプロジェクトには様々な会社がかかわって仕事をすることが多いです。

 

 

そして給料の分配はというと、上流工程がもちろん1番多くてもらえて、下流工程が1番少なくなってしまいます。会社の規模が小さいと、どうしても携わる開発規模が限られてしまうため、プロジェクトに所属しても、大きな会社の下請けという立場になることが多いです。

 

行程 給料
要求分析・定義 多い
基本設計
詳細設計
コーディング(製造)
テスト 少ない

 

 

そのため

今より規模が大きい会社で働きたい

今よりもっと上流の仕事がしたい

フリーランスで仕事を取りたい

と考え、転職するということはいたって普通の事なのです。同期や先輩などと転職の話をすると、1度は転職を経験している人が多いというイメージです。

 

 

そのため経験を積んだエンジニアが次のステップへ進むために転職を重ねるという考えは珍しくない話なのです。

 

\業界求人数No.1/
リクナビnextに登録する
*IT/SE業界の求人も豊富*
スポンサーリンク

面接で転職回数が多い理由は聞かれる?

では転職回数1回ならいいとして、2回、3回となると採用担当者はどう思うのか?について解説していきます。

 

 

これに関してはあくまで自分の経験談をもとに話しますが、今まで面接を受けてきて転職回数が多い理由について聞かれたことは一度もありませんでした。

若いのになんでこんなに転職回数が多いの?
うちに入ってもすぐ辞めちゃうんじゃない?
大丈夫?
こんな言われ方を想像しますよね。
僕は後でいろいろ聞かれるのが面倒だったので、面接時の初めの「自己紹介」で簡単に経歴と転職理由を一緒に説明します。しっかりはじめに説明してしまえば、あとは今回の転職だけにフォーカスされていくはずなので、リラックスして受けることができます。
 自己紹介時に経歴と転職理由を説明してしまおう!
\エンジニア転職に強い/
リクルートエージェントに相談する
書類選考通過率大幅アップ

大事なのは転職理由

結局転職回数というよりも「なぜ転職しようと思ったのか?」それが最も重要です。3回転職したら3回分の転職理由があるはずです。その転職理由をしっかり相手に納得させることができれば問題ありません。

 

 

例えば自分の場合では「ステップアップ」が転職理由でした。

 

大きな会社に入社しているのに、
そのまま在籍していれば上流工程までいけたんじゃない?
こういう質問は良く受けました。
ですが、これも考え方ですよね。規模の大きい会社は、社員も多いので若手が上流工程に携わるまでの時間がかかりすぎるというデメリットもあります。なぜなら自分よりも年齢が上で経験者の人が上流をやっています。
そんな中

上流工程やりたいです!!!
といってもなかなか若い年齢では任せてくれません。
長い時間を要して上流工程に入るよりも、そこで学んだ経験を活かして小さな会社で少しでも早く上流工程に携われたほうが、エンジニアとしての成長は早いんじゃないかな?と考えたので転職を考えました。
結果的に、会社規模は小さい会社でも要求定義から仕事を任せてもらえる事業会社に転職を成功させることができました。同じ年齢では大手の会社では経験できないほど仕事の範囲が広がり、早くに経験することができたのです。
結果的に、\転職回数よりもいかに面接官に転職理由をアピールできるかが一番のポイントです。そのためにも事前に面接を想定し自分の転職ストーリーを準備することが大切です。
\アクセンチュア転職希望者には必須!
オファーを受けた職務経歴書を大公開!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

・エンジニアは転職回数が多くて普通のこと
・面接で転職回数が多い理由に嫌味を言われたことはない(経験談)

・面接で大事なのは転職理由

・明確な目的があるなら転職にチャレンジしよう!

今いる会社で「やりたいことがこのままではできない」と感じたら、無理をして在籍するよりも転職することをオススメします。そのもやもやした時間はモチベーションも下がり、転職時にアピールポイントになりづらいことが多々あるからです。

 

 

転職回数を気にするよりも自分軸を持って転職理由をしっかり説明できれば、転職に不利になることはありません。まずは転職をしたいなぁと考えているのであれば転職エージェントに相談することが始めるとよいでしょう。

 

エージェントと話しながら自分の目指したい方向が見えてくることも多くあります。

エンジニア転職ならリクルートがおすすめです

業界No.1のリクルートの2つのサービスは必ず利用しておきましょう!

リクナビnextに登録する

僕はリクナビnext経由でアクセンチュアよりオファーメールをもらい、応募しました。

リクナビnextの強み
1.求人案件がダントツで多い
2.自分に合った求人を自動通知してくれる
3.お気に入りの企業が登録でき、採用タイミングで通知が来る
4.企業からのプライベートオファーメールが来る。(書類選考がスキップできる)
5.応募が簡単にできる
noteでオファーメールをもらった時の職務経歴書を公開しています。
\企業からの面接オファーが届く/
リクナビnextに登録する
*求人数No.1*


リクルートエージェントに登録する

そして、リクナビnextと合わせて登録しておきたいのがリクルートエージェントです。

リクルートエージェントの強み
1.求人数が圧倒的
他のエージェントに比べて業界No1の求人数。非公開求人が約20万件ほどあるといわれています。
2.幅広い年齢層に合っている
20-30代がメインの他社と比べ、求人数が圧倒的に多いので年代・業種のポジションがあります。
3.実績のあるキャリアアドバイザーが在籍している
業界によく精通しているため、企業独自の情報や転職ノウハウをもっています。
4.面接対応や書類の添削サポートが充実している
業務経歴書や志望動機などの添削も行っており、書類選考での通過率が通常応募より上がります
\アクセンチュア転職に強い/
リクルートエージェントに相談する
書類選考通過率大幅アップ



スポンサーリンク