会社の人間関係に疲れた。会社内で良好な関係を築くために意識するポイントとは?
スポンサーリンク

こんにちは、狛江人(@komaebito)です。

会社に所属して働いていく以上、必ず付いて回る人間関係。

上司と上手く付き合えない。。。

いつの間にか嫌われていて社内で浮いている。。。

先輩の当たりが強くて辛い。。。

後輩が自分にだけ生意気。。

、、など悩みを抱えている方は大勢います。

また、人間関係が上手くいかないと辛くなることは社会人になるまでの学生生活や部活などの経験から察していることと思います。だからこそ「上手くやろう」とつい力も入ってしまい疲れてしまうのではないでしょうか

会社内で良好な人間関係を築くためのポイントを押さえるだけで随分と違うものです。そんな意識すべきポイントを紹介しますので、悩んでいる方は是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

人間関係が良好な人とそうではない人の特徴

良好な人間関係を築くためのポイントを確認する前に、人間関係が良好な人とそうではない人の特徴について見ていきましょう。

人間関係が良好な人の特徴

まずは人間関係が良好な人の特徴について見てみましょう。

・表情が明るい
・周囲に対して興味関心がある
・楽しそうにしている
・能動的な行動を取ることができる

総じて「話しかけやすい」ということがポイントであり、人間関係が良好な人は自然と人が集まり仕事も円滑に進みます。

会社内とはいえ人と人の関わり合いは、コミュニケーションの積み重ねです。コミュニケーションを積み重ねることができる機会が多ければそれだけ人間関係も良好になっていくのです。

人間関係が良好ではない人の特徴

次に、人間関係が良好ではない人の特徴について見ていきましょう。

・表情が暗い
・周囲に興味関心がないように見える
・つまらなそうにしている
・自信がなくネガティブ
・人の悪口を言う

人間関係が良好な人とは反対に、不良好な人は「話しかけにくい」「近寄りにくい」雰囲気を持っているのが特徴です。近寄られずコミュニケーションの機会もなければ人間関係が構築できないということは自明の理。

近寄りがたい雰囲気でも人が寄ってくるような特別なもの(仕事がものすごくできる、外見がものすごく良いなど)を持ち合わせていれば話は別ですが、そういった人は稀であることを理解しましょう。

スポンサーリンク

人間関係を良好にする方法とは?

人間関係が良好な人とそうではない人の特徴を理解したところで、ここからは会社内での人間関係を良好にする方法について確認をしていきましょう。

コミュニケーションの回数を増やしてみる

コミュニケーションの回数は良好な人間関係の構築に必要不可欠です。「会社でコミュニケーションを取るタイミングが分からない」という人は次の例を参考にしましょう。

あいさつをしっかりする

人として当たり前のことであるはずの「あいさつ」ですが、実はできていない人も多いものです。入社したての頃はきちんあいさつをしていたのに、慣れてきてしまってからはいい加減なあいさつや、そもそもあいさつをしないなんてこともあります。「おはようございます」「お疲れ様でした」と言葉にすることで話しやすい印象を与えることができるので恥ずかしがらずにあいさつをしましょう。

仕事の相談をしてみる

人は相談されると「頼られている」と感じ嬉しくなるものです。何気ないことでも普段から「どう思う?」「どうやっている?」など声をかけることでコミュニケーションが生まれ、そこから様々な話題に発展させることができます。

雑談をしてみる

真面目過ぎる人は「会社内では雑談(私語)をしてはいけない」と考えコミュニケーションの回数が減ってしまいがちです。もちろん業務中に雑談ばかりしていては仕事に支障が出てしまいますし、他の人に迷惑をかけてしまうこともありますので注意は必要でしょう。

雑談をすることで、会社内以外での接点や共通点が見つかり、そこからお互いに対しての興味関心が生まれます。共通点がなかったとしても雑談からあなたの人となりを知ってもらうことができるのです。

ランチに誘ってみる

就業時間中、唯一自由に行動できる時間である昼休みに一人でゆっくり過ごしたいという人もいることでしょう。しかし、そんな自由な時間だからこそコミュニケーションを取る絶好の機会でもあります。毎日ランチに誘わずとも曜日を決めて一緒に行く、曜日で誘う人を変えるなどでも良いです。

食事をするという共通の目的を持って行動するので「何食べる?」「おいしい店を見つけた」など話題にも困りません。仕事以外でのコミュニケーションは緊張感なく良好な人間関係を築くのにとても有効な方法なのです。

相手の立場に立って考えてみる

コミュニケーションの回数を増やすことと同じくらい重要なのが「相手の立場を理解する」ことです。
相手が上司であれば経営層からのプレッシャーと部下との板挟みの立場にいることで、言いたくないことでも言わざるを得ないのかもしれません。そうした立場を加味して話しを聞けば、話の聞こえ方も随分と違うものです。

例えば、部下が失敗した際に頭から否定をするのではなく、なぜそのような結果に至ったのか部下の立場になって考えることで寄り添うことができます。

一見難しいように感じられるかもしれませんが、相手の立場を理解することは、自分のことを理解してもらうよりも簡単なことなのです。相手の立場を理解し、それを肯定することで相手もあなたに対して接しやすくなります。

このように良好な人間関係を構築するうえで相手の立場を理解することも必要不可欠なのです。

スポンサーリンク

人間関係が良好であることのメリットとは?

人間関係が良好であることに越したことはありませんが、良好であるとどのようなメリットがあるのか具体的に確認をしていきましょう。

社内事情に詳しくなる

会社内で人間関係が良好であると様々な話が耳に入ってきます。会社の運営にかかわる話や人事異動、ほかの社員同士の人間関係などこうした社内事情を把握しておくことは会社内での立ち回り方に大変役立ちます。

たとえば新規案件を任される話を事前にキャッチできていれば、正式に話が届くまで現在抱えている仕事を整理したり新規案件の準備をすることが可能です。スムーズに移行できるうえに事前準備のおかげで「仕事が速い」という評価もついてくることもあります。

困ったときに助けてもらえる

人間関係が良好な人は周囲から何かと気にかけてもらうことができます。そのためあなたが仕事で困っている様子であれば声をかけてもらえ、助けてもらうことができます。直接的な手助けではなくとも、アドバイスや相談に乗ってもらえるのは関係が良好であるからこそなのです。

会社内で人間関係がよくないとどんなデメリットがある?

ここでは会社内において人間関係が不良好であるとどのようなデメリットが発生するのか確認をしていきましょう。

やりたい仕事を任せてもらえない

部署内で人間関係が不良好であると、自身がやりたい仕事を任せてもらえないことがあります。大人のすることではありませんが、上司があなたのことを嫌いだからやりたがっている仕事を与えないのかもしれません。

また、相手だけに原因があるのではなく、コミュニケーションが不足しているためにあなたのことを信頼できず仕事を任せることができないといったケースも考えられるでしょう。

会社内で孤立する/助けてもらえなくなる

人間関係が不良好であれば自ずと会社内で孤立してしまいます。あなたが仕事で困っているときに人に助けを求めたくてもその相手がいなければどうすることもできません。そうした環境下で働いていると次第に会社内の人と顔を合わせるのが辛くなり、それが原因で退職になることも少なくありません。

そのほかにも「意見が通らなくなる(聞いてもらえなくなる)」「上司からの当たりが強い」「部下が言うことを聞かない」など様々なデメリットが発生するおそれがあります。このように人間関係が不良好であることは百害あって一利なしなのです。

もしあなたが上記のような状態に陥り人間関係で悩んでいるのであれば、あなた自身が変わろうとする努力も必要ですが、一人で抱え込まずに人事部や他部署に相談してみるのも良いでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

以下が、人間関係を良好にする方法のまとめです。

人間関係を良好にする方法
・コミュニケーションの回数を増やしてみる
 ・あいさつをしっかりする
 ・仕事の相談をしてみる
 ・雑談をしてみる
 ・ランチに誘ってみる
・相手の立場に立って考えてみる

まずはいろいろ試さずに、「あいさつをしっかりする」ことから始めてみてはいかがでしょうか?

朝来たら「おはようございます」。何かをやってもらったり助けてもらったら、「ありがとうございます。」帰る時には「お疲れ様でした」。この言葉があるかないかだけで、今のあなたの職場環境はガラッと変わります。たった一言されど一言、挨拶は必ず習慣化するようにしましょう

ここまで会社に属して働く上で良好な人間関係は必要不可欠であることをお伝えしてきましたが、これらは会社内だけではなく様々なコミュニティで活用が可能なことばかりです。立場や環境を置き換えて良好な人間関係を築いていきましょう。

スポンサーリンク