ルンバ導入はメリットしかないことについて解説します【時間節約】
スポンサーリンク

こんにちは、狛江人(@komaebito)です。

いきなりですが、皆さんは掃除ロボット「ルンバ」を持っていますか?

僕も今まで存在は知っていたものの、

えー・・ちゃんと掃除されるのかなぁ・・・
なんか不安だから自分でやったほうが安心だなぁ
というなんとなく偏見を持っていて購入を渋っていました。
が、先日とある人のYouTubeを見ていて、

時間を有効活用するには、まずは身の回りにあるものを自動化すべきだ
という言葉に感銘を受け(笑)、

確かにそうだ!
時間を生み出すなら安い買い物だ!(笑)
と、多少大袈裟ですが、ルンバを購入するに至りました。
ルンバは決して安くはないですが、購入を渋っている方に向けて実際に使った感想をまとめていきたいと思います。
スポンサーリンク

ルンバってどれがオススメ?

まずは、ルンバといっても種類がたくさんあります。一人暮らしで使うのか一軒家で使用するかの用途にも変わってきます。また価格帯も安いものは、4万円台から高いものは10万円を超すものもあります。

僕は一人暮らしだったので、「ルンバ e5」というものを購入しました。

この「ルンバe5」という機種、かなりコスパがいいのです。その理由を説明していきます。
・スマフォでの遠隔操作が可能!
・スマフォで毎日のスケジュール設定が可能!
・5倍の吸引力!
・ダストボックスが水洗いできる!
・料金が5万以下!
自分はルンバを購入する上で、絶対条件にしていたのは遠隔操作・スケジュール設定が可能な機種と決めていました。これがないと、結局手動でやらないといけないので、効率化は図れないと考えたからです。
上記の条件を満たし、なおかつ5万円以下で購入できる機種があったので、早速ヨドバシカメラで購入してきました。(※もちろん値段交渉して価格.com以下の値段に下げたことは言うまでもありません)
スポンサーリンク

ルンバ導入によるメリット

では、実際にルンバを導入したメリットについて紹介していきたいと思います。

部屋が片付く

ルンバは皆さん知っての通り、ロボット掃除機です。そのため、床に物があるとその部分は掃除ができません。そのため、ルンバを稼働させるためには必然的に床にあるものをどける必要があるのです。

僕は毎日1度スケジューリングしているので、毎日家を出る前にすべて床にあるものをベッドの上や机の上に片づけてから出かけるようにしています。

そのため、「日常的にものが散らかっている」という状態は、ルンバを稼働させてからなくなりました。「使っていない家具はどこかにしまう」・「いらないものをは捨てる」などと、日常的に使うものと使わないものを区別し、整理する癖がついてくるようになりました。

意外にこの効果はすごいと思っています。一番長くいる家が常に片付いているって気持ちがいいですからね。

人間より掃除が丁寧

正直ロボット掃除機の能力をなめていました・・・・。前日にダイソンを使って十分に掃除機をかけた翌日にルンバに掃除させたのですが、ごみフィルタを見てみると、ものすごいゴミの量でした!

え?前日あれだけ掃除したのに・・・
と思うぐらいのごみがフィルタに入っていました。おそらく、普段掃除機が入りづらい、家具の下やカーペットの下などを適当にやってしまっていたのが原因だと思います。しかし、ルンバはじ部分も何度か掃除をしてくれるので一度で取れなかったごみも確実に取ってくれます
ぶっちゃけ、掃除能力は一般の人間よりも高いような気がします。(※掃除のプロは除く)

時間が節約できる

一番のメリットと感じる部分がこれだと思っています。「掃除=定期的にやらなければいけないもの」という概念が覆されます。

ルンバのスケジュール管理機能で「毎日何時からルンバで掃除をさせる」という設定ができます

スマフォのスケジュール画面

そのため、家に帰ったら毎日部屋が掃除された状態になっているという理想的な環境を作ることができます。これが最高に素晴らしいです。

今までは週末になると、

あー・・・掃除しなきゃ・・・
といやだなぁ・・と思いながら掃除をしていましたが、毎日自動で掃除が行われていることにより、その負担がなくなります
そのため、例えば「毎週末土曜日の午前中は掃除!」と決めている人にとってはその時間が自由に使えることになります。自分の時給を考えたら、50000円のロボット掃除機なんてあっという間に取れてしまいますよね。
毎日60分の掃除で、時給1000円と考えたら、
本体価格50000円÷1000円=50時間!(50日分)
たった50日で、ロボット掃除機の元が取れてしまいます。コスパ最強ですよね!その空いた時間に副業をしたり、本を読んだりと自由に時間を使うことができるわけです。

とはいえ多少デメリットというか、100%のロボット掃除機では補えない部分もありますので紹介していきたいと思います。

たまにエラーになる

ロボット掃除機とは言え、万能ではありません。たまにどこかの段差に入ってしまい、ルンバが身動きが取れなくなり、掃除が止まってしまうなんてことがあります。

こればかりはしょうがないので、家に帰ってから再設定・・・ということになります。まあ、しょうがないです。ですが、確率的には1週間毎日掃除をさせて、だいたい1日あるかないかぐらいの確率ですので、十分「賢いロボット掃除機」だといえると思います。

物が置いてある部分は掃除できない

当たり前なのですが、物がおいてある部分やルンバが入れる隙間がない部分に関しては掃除をすることができません。

そのため、「完全自動化」までは難しい印象です。ですが、毎日掃除をしてくれているため、週末の掃除に使う時間は、今までの1/5ぐらいになっているといってもいいと思います。

時間的コストを考えたら、驚くほどコスパが良く、掃除能力も高いのが、ロボット掃除機「ルンバ」だと思います。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、ルンバ導入によるメリットを紹介してきました。

以下、まとめです。

ルンバ導入によるメリット
・部屋が片付く
・人間より掃除が丁寧
・時間節約ができる
デメリット
・たまにエラーになる
・物が置いてある部分など一部は掃除できない

ということで、「一度ルンバを手に入れてしまうともう二度と手放せないぐらい便利な家具となってしまいました」というのが、2週間使ってきてのルンバの感想です。

昔はやや値段が高い印象もありましたが、今では50000円ぐらいで購入できるので、自分の時間を買うという意味でもルンバ導入はメリットしかないのではないでしょうか?

「家事の自動化」は絶対的におすすめです!

 

スポンサーリンク