質問力を高める方法とは?【コミュニケーション能力UPの秘訣】
スポンサーリンク

こんにちは、狛江人(@komaebito)です。

 

質問力って何?

良い質問の定義って?

質問力の差によって
何が変わるの?
これらの疑問について解説していきたいと思います。
仕事をしていく上では欠かせない質問力ですので、ぜひ参考にしていただければとうれしいです。
スポンサーリンク

良い質問と悪い質問とは?

ビジネスや仕事を行う上で質問をする機会は必ずあります。

 

そんな時どんな質問の仕方をしているでしょうか?

 

実は質問も仕方によって「良い質問」と「悪い質問」があります。

 

質問に良いも悪いもあるの?
分からないことを聞くんだから同じでしょ?

 

と思ったらちょっと危険です。

 

では、実際に具体例を紹介していきたいと思います。

質問の種類
1.Badな質問
2.Goodな質問
3.Very Goodな質問

Badな質問

Badな質問とはどのようなものでしょうか?

 

例えば、以下のような聞き方です。

 

次に何をやればいいのでしょうか?

これってやればいいんですか?

 

こんな感じの質問内容です。

もし自分が先生や教える立場だったら、どう感じるでしょうか。

 

こいつ・・・なんも考えてないな
って思いませんか?
実はこういった質問が最も嫌われる質問の仕方なのです。

なぜからあなたの思考や行動が全く感じられないからです。質問するにあたってその人がどういう行動やどういった考えをしたのかが、まるで伝わってきません。

完全に思考停止状態です。
教わる人に依存してしまっているのです。

もしあなたがこんな質問の仕方をされたら教える気にもならないですよね。

 

どこまで調べたの?
どこまで考えてみたの?

と聞きたくなりますよね。

 

自分の思考も伝わらなければ、熱意も伝わらない質問の仕方としては最悪です。

 

もしこのような質問の仕方を日常的にしていたらかなり問題です。今すぐ意識を変えたほうがいいでしょう。

Goodな質問

Goodな質問とはどのようなものでしょうか?

例えば、以下のような聞き方です。

○○と考えてXXXをしたのですが
うまくいきません。△△△と考えてやったのですが、
自分の考え方であっていますか?

○○と考えてXXXをしたのですが
うまくいきません。別の△△△という考え方でも
問題ないと思うのですが、
いかがでしょうか?
これらがGoodな質問の仕方です。
Badな質問と比べていかがでしょうか?
しっかり自分が何を考えて、どう行動をとったのかという自分の思考と行動が示せています。
そしてさらにいいのはこの質問に関して答える側は、YesかNoで答えられる形になっているという部分です。
選択の回答を仰ぐことにより、追加で意見をもらうことができます。
結果的に
自分の試した結果のFeedBack

それに対する意見
と両方もらえてしまうわけです。
思考停止状態では得られなかった2つの情報が得られるわけです。

答える側も一人の人間です。頑張って行動している人を応援したくなりますし、なんとかアドバイスをしてあげたいと思います。

 

ちゃんと考えて行動したうえで、質問しているんだな
と思います。

1度の質問に対してBadな質問に比べて得られる情報が増えてきます。
 
その質問力によって、成長スピードも変わっていきます。

Very Goodな質問

Very Goodな質問とはどのようなものでしょうか?

 

例えば、以下のような聞き方です。

〇〇と考えて、
XXXという行動をとったのですが、うまくいきません。△△△と考えてやったのですが、
自分の考え方ってあっていますか?

時間のある時にでも
答えていただければ嬉しいです。

 

〇〇と考えて、
XXXという行動をとったのですが、
うまくいきません。別の△△△という考え方でも
問題ないと思うのですが、
いかがでしょうか?

時間のある時にでも
答えていただければ嬉しいです。

ほぼGoodの質問と同じですが、最後に1文が追加されています。
これは「相手への配慮があるかどうか」ということです。

こういう質問の仕方をすることで教える側には

この人ちゃんと配慮してくれて質問してくれているな

と感じてもらえるようになります。

 

 

答えを早くほしい気持ちもわかりますが、「教える側も常に人のことばかりを考えている状態ではない」ということも意識するとよいでしょう。

 

 

このような配慮をすることで、好感度や人間性が高まり

 

もっといろいろ教えてあげよう

頑張って成長してもらいたいな

 

ときっと思うはずです。

 

結果的にあなたの人間性も認められ、人としての価値も高まります。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

Goodな質問とBadの質問を今回解説してきました。

 

以下が今回のまとめです。

【Badな質問】
・思考停止状態で相手に丸投げ
・相手に依存している
【Goodな質問】
・自分の思考を伝えた上で意見をもらう
・自分の行動を伝えた上で意見をもらう
【Very Goodな質問】
・Goodな質問に追加して相手への配慮を行う。

 

質問する側でも聞き方を変えるだけでここまで差が出てきます。

 

もしあなたが今Badな質問をしていたら今すぐ改めるべきでしょう。結果的にそれは自分で考えることを放棄していることを意味しています。

 

依存体質の人は成長スピードが圧倒的に遅くなります。

質問力を磨いて、自分の価値を高めていきましょう!

スポンサーリンク