ハイボールを晩酌にするメリットは?コスパ最強?おすすめ理由と節約額
スポンサーリンク

こんにちは、狛江人(@komaebito)です。

みなさんは家で晩酌しますか?

やはり一日の最後に、自分へのご褒美として飲まれる方は多いと思います。

ですが、毎日晩酌するとそれなりにお金がかかってしまいます。そこで、今回は、安くておすすめの晩酌について紹介していきたいと思います。

晩酌は毎日しているとそれなりにお金もかかります。
以前は、週末に発泡酒の6缶セットをスーパーで買って帰り、「重いな~」なんて思いながら持って帰っていました。発泡酒も今はかなり安くはなっていますが、缶で買うと結構高くついてしまいますよね。
出来る限りお酒が安いお店を探そうと色々調べてみたのですが、やはり日本国内でお酒を買う場合は酒税という税金がどうしてもかかってくることから、安さには限界値があることがわかりました。

そこで気づいたのです!

晩酌って別に発泡酒じゃなくても、よくね?と。(個人差ありますが)

とはいうものの、毎日日本酒もちょっとヘビーだし、焼酎の水割りと言うのもなんとなく味気ない。。。

自分はどちらかと言うと「のどごし」を大事にしたいほうなので、1日の終わりにスカッとリフレッシュするためにも炭酸という条件は譲れなかったのです。

のどごしは大事だから炭酸飲料は、譲れない自分としては、発泡酒じゃなくても、炭酸のアルコールのハイボールがあるじゃないかと!

そこでハイボールを晩酌のメインに据えることに決めたです。

スポンサーリンク

ハイボールがオススメな理由

ハイボール

ハイボールのメリットを挙げていこうと思います。

メリット
・安い
・買いに行く手間がかからない
・糖質ゼロ
・アルコールが抜けやすい

安い

まずこれですね!缶ビールだと発泡酒でも、100円以上しますが、ハイボールだとボトルで買うので、購入し炭酸水で割るので1杯あたりの値段はかなり下がります。コスパ最強です。
おいおい、炭酸水は毎回買うのかい?という突込みがありそうですが、炭酸水は箱で家に買っておくのがオススメです!楽天だと1本80円ほどで買えますし、ダイエット中に小腹がすいたときは、これをぐいっと一本飲めば満腹感を満たせます。私は常に30本ぐらい常備しています。常備しておいて、いつでも好きな時に飲めるという、安心感もいいですね。

ちなみにハイボールは、作り方を研究すると家でも、とてもおいしいものを作ることができます。よく、ビールの注ぎかたひとつから、居酒屋やバーでやっているようなスタイルを踏襲しようとする人がいますが、これと同じで、ハイボールも作り方をきちんと勉強をすることで、安く・美味しいお酒を飲むことができます。

オススメは炭酸強めのウィルキンソンを箱買いです!

手間がかからないのも大きなメリットの1つです。1度ボトルやペットボトルを購入してしまえば、あとは自宅で作るだけで済みます。もちろん、炭酸水も常備した上での話ですが。

炭酸水を冷やしておけば、ウィスキーと割るだけで特に準備もいらず飲めます。容量が多く少量で割っていくため、毎週スーパーやコンビニに帰りによる必要もありません。

家に帰っても何もないとなると、疲れてヘトヘトの時でもスーパーに寄って、なんとかお酒を調達しなければなりません。しかし、ウイスキーと炭酸水さえ常備しておけば、こういったこともなく家に帰れば自動的ウイスキーハイボールを楽しむことができる」というシステムが完成します。もはや、ライフハックと言ってしまっても良いくらいだと思っています(笑)

オススメはコスパ最強トリスウィスキーボトル買いです!
ライザップなど「糖質制限」をしている人にもOKなアルコール飲料。
一般のビールに比べてカロリーは1/3と言われています。
なんか1/3と聞くとすごく安心して飲みすぎてしまいそうですが。。(汗)

ちなみに、缶ビールや缶チューハイも、同じ炭酸でお酒を飲むスタイルです。しかし、こちらは糖質がかなり含まれています。一般的に「ビール腹」と呼ばれるくらいのお腹になってしまうほど、糖質が豊富なのがビールです。缶チューハイは缶チューハイで大体果汁が入っているので、もちろん糖質も豊富です。こうなってくると、ダイエットを考えるなら、やはりハイボールがお勧めできるわけです。そして何より味に飽きないのがいいですよね。

アルコールが抜けやすい

意外な事かもしれませんが、ウイスキーはビールなどのお酒よりも比較的アルコールが抜けやすいという特徴があります。というより、ビールなどをガブガブ飲むよりも翌日にお酒が残りにくい、と言った方が良いでしょうか。
ウイスキーは他のお酒(ワイン、日本酒、ビール)と比べて翌日まで残りにくいという特徴があります。
これはなぜかと言うと、ウイスキーやウォッカが蒸留酒であること、その他のお酒は日本酒やビールなど、醸造酒であることが原因として挙げられます。
ウイスキーなどの蒸留酒は、不純物があまり多く含まれていません
そもそもアルコールの作り方的に不純物が出てこないような仕組みで作られているので、結果的に二日酔いやお酒を飲んだ時に感じる不快感の原因になりやすい物質があまり含まれていないということです。
反対にビールやワイン、その他醸造酒は全般的に二日酔いの原因になったり、お酒を飲んだ後に感じる不快感を引き起こしやすい物質が含まれていることもあり、これが元で翌日までお酒が残ったり、よく朝起きた時になんとなくお腹の調子が悪かったり頭が痛かったりする、というわけです。
もちろんウイスキーはそもそもアルコール度数が非常に高いので、飲みすぎると当然ながら二日酔いは起こします。ただし、通常の晩酌レベルであれば、ここまでアルコールによってダメージを受けることはないと言ってよいでしょう。
スポンサーリンク

1ヶ月でどれだけ節約できるのか?

ハイボール
以上の理由からハイボールはかなりメリットが多いことがわかります。
実際に計算してみようと思います。
以前は1缶140円発泡酒を飲んでいたので、1日1本で計算すると、
1か月で、140円×30日=4200円
それをハイボールに置き換えると、いつも購入している炭酸水は、
48本で3000円なので、1本62.5円
ハイボールのボトルが、700mlで800円で、1回30ml使うとすると、
800÷700×30=1杯約35円
家でハイボールを作れば1杯100円以内(62.5+35=97.5)で飲めちゃいます
発泡酒との差額約40円として、1ヶ月で1200円もお得になります。
1年間にすると1万円オーバーの節約効果となります。
こうしてみてみると、結構大きいですよね。
もちろん、普段からビールを飲んでいるという人は、発泡酒よりも差額がもう少し大きくなるので、年間の節約効果も大きなものになっていきます。何十年もビールを飲み続けると考えると、トータルでの節約効果は結構な数字になってきそうではありませんか?

ハイボールの作り方

ハイボールの作り方の動画があったので、貼っておきます。
まあ、単に「炭酸水」と「ウィスキー」を混ぜるだけではあるのですが。笑。

ただし、この動画は残念ながら、いくつかのポイントが惜しいです。ハイボールを作る時には、ソーダ水を氷に当てるのは出来る限り避けた方が良いですね。

氷に当たってしまうと炭酸が抜けてしまうのであまりお勧めしません。コップやグラスのキワに沿って入れるようにして、氷を避けながらソーダを入れるのが基本です。

また、ソーダを入れた後には好きとソーダを撹拌しなければなりませんが、これもマドラーでほんの少し縦に一回転させるだけで大丈夫ですどんなに少なくとも、氷がぐるんと横方向に回転してしまうほどステア(混ぜる)する必要はありません。これも炭酸が抜けてしまうのでお勧めしません。

晩酌ハイボールにオススメのウイスキーは?

それでは、晩酌するにあたっておすすめのウイスキーの銘柄はどのようなものがあるでしょうか?もちろん晩酌といえば日々のお楽しみでもありますが、毎日飲むとなるとやはりコストパフォーマンスの部分も気にしたいところですよね。もちろん、ウイスキーのハイボールで晩酌をすること自体が、ビールなどを飲むよりもはるかにコストパフォーマンスに優れているのですが、ここはやはり徹底的に節約効果も追いかけていきたいところです。

よくウイスキーのハイボールを作って晩酌をする、となると、とっておきのウイスキーを持ってきて高級ハイボールを作る方がいるのですが、個人的にはあまりお勧めしません。なぜなら、あまり高いウイスキーを晩酌のハイボールに使ってしまうのはもったいないからです。高いウイスキーはやはりストレートや水割りでちびちびと飲むのに限ります。水割りどころか、ストレートやロック以外認めない、という人もいらっしゃるでしょうが、とにかく高いウイスキーは晩酌のハイボールには向かないと言って良いと思います。というより、もったいないですよね。

そこでお勧めしたいのが、いわゆる大衆向けの少しお安めのウイスキーです。テレビCMなどでもよく放映されているトリスハイボールを飲むためにトリスを使うようにしていますが、その他にもブラックニッカやサントリーの角など、ジャパニーズウイスキーの中でも比較的大衆向けのモデルを使うのも良いと思います。もちろん居酒屋や飲食店などで手軽に飲むことができるウイスキーハイボールもこのような大衆向けのウイスキーが使われているケースがほとんどです。

炭酸水を買うのがめんどくさい場合には

えー、毎回炭酸水を箱買いするのがめんどくさい・・・

意外に段ボールが邪魔になるんだよね・・・・
と思っているあなたには朗報です。
自宅で簡単に炭酸水を作ることができる魔法の機会があるのです。
その名も「ソーダストリーム」です。
◆直観的な操作で炭酸水を作れる◆
・作りたての新鮮生炭酸がおいしい!
・準備は普段のお水だけ。全自動モデルを除き電池も電源も不要
・お好みの強さで炭酸水を作れる!
◆使い方は簡単◆
・炭酸水メーカーにガスシリンダーをセットし、専用ボトルへお水を入れたらボタンを押すだけ!
・ガスシリンダーが空になったら、店舗で交換が可能。(全国3,000店以上の家電量販店、百貨店などで可)
◆最強コスパ◆
年に最大数千本ペットボトルを削減
・専用ボトル500mL当たり約18円で炭酸水を作れる
こんなメリットだらけの炭酸水マシンが今なら12000円からゲットできちゃいます。そのため、普段の炭酸水48本入り4箱で元が取れちゃいますね。

ハイボールにおすすめのおつまみ

それではハイボールには実際、どんなおつまみが合うのかと言いますと、これがまたビールに合うおつまみはだいたいハイボールにも合います(笑)

まず唐揚げ。

唐揚げをといえばビール、ビールといえば唐揚げ。というくらい相性の良いタッグマッチですが、ハイボールになったとしても、存分にその美味しさを、発揮してくれます。疲れて帰ってきて、ハイボールで唐揚げを流し込む、という瞬間がものすごく幸せです。

業務用の冷凍を買っちゃうと調理も楽ですよ!

そしてナッツです!

最近はダイエットの関係で食べることが多いのですが、このナッツ類もハイボールにぴったりくるおつまみと言って良いと思います。

特に油分の多いカシューナッツなどはついつい食べ過ぎてしまいがちですが、このカシューナッツなどもハイボールで流し込むと、きれいさっぱり油を流してくれますそれでいて、食べ過ぎたからといって特にナッツで胃もたれを起こすこともありませんし、翌日に残るほど食べ過ぎたり、飲み過ぎたりしてしまうこともないのが、ナッツのいいところだと思っています。

カシューナッツはいくらストックがあっても足りません・・・・笑

まとめ:毎日ハイボールで晩酌した感想

いかがでしたでしょうか?

ハイボールを晩酌にすることのメリットを一通りまとめてきましたが、共感できましたでしょうか?(笑)

とにかく、ハイボールにすることによるコストパフォーマンスが最高!ですね。


ビールや発泡酒などを買うよりも安く、それでいて帰りに買い物の寄り道を毎回しなくても済むので、時間的なコストもかからないというのは嬉しいポイントだと思います。そしてビールや日本酒より糖質が少ない
さらにその日によって、ウィスキーの濃さを自分で調整できるのも自分的には便利なポイントです。

節約しすぎもよくないですが、日々の節約で新しい本を買ったり、英語の勉強をしたりと自己投資に回すっていうのもありかなと最近思っています。

よかったら参考にしてくださいね。
オススメの激安飲みレポートを紹介しています
スポンサーリンク