穴場でおすすめのヨーロッパ バルト三国へ旅行します
スポンサーリンク

こんにちは、狛江人(@komaebito)です。

関東地方は台風接近の中、大荒れの天気が続いていますが、ちょうど台風が抜けるころには、夏休み到来ですね。2018年の夏休みは、10日ほどバルト三国へ旅行する計画を立てることにしました。

スポンサーリンク

バルト三国って?

そもそもバルト三国ってあまり聞き馴染みない方もいらっしゃると思いますので簡単に紹介したいと思います。
バルト三国とは。。。

バルト海の東岸、フィンランドの南に南北に並ぶ3つの国を指し、北から順に、エストニア、ラトビア、リトアニアである。3か国ともに、北大西洋条約機構(NATO)および欧州連合(EU)の加盟国、通貨もユーロでシェンゲン協定加盟国である。
歴史的に、エストニアやラトビアは北ヨーロッパ諸国やドイツと、リトアニアはポーランドとのつながりが深く、また3か国はロシアとも深く関わってきた。 バルト三国はロシアとロシアの飛地に接している。
外務省ホームページ



バルト三国の場所

バルト三国
そもそもバルト三国へ行くきっかけとなったのは、オンライン英会話をやっている先生がリトアニア人だったことでした。その先生は非常に英語の発音が綺麗で、英語の授業中にいろいろとリトアニアの魅力について教えてくれるのです。
そして、いろいろと聞いてみると、
  • 自然が多い
  • 街並みがきれい
  • 歴史的建造物がたくさんある
  • 物価が安い
さらには、
  • 英語が結構通じる
  • 女性がみんな美人!!(これ重要)
とメリットだらけで。。。。。
これは行くしかない!と即決したのでした。
スポンサーリンク

バルト三国への行き方

では、バルト三国への行き方について紹介します。
日本からの直行便は出ておらず、フィンランドのヘルシンキを経由してバルト三国へ入国するのが一般的のようです。
今回行く予定のルートは、
1.羽田空港→フランクフルト(ドイツ)
2.フランクフルト(ドイツ)→ビリニュス(リトアニア)
※ルフトハンザ航空
という空路で向かう予定です。
一番南のリトアニアから入国し、ラトビア、エストニアと北上していくルートで回っていく計画です。
滞在期間は1週間なため、少し駆け足気味になってしまうと思いますが、バルト三国の観光地や食べ物を中心に可能な限り紹介していきたいと思います。




もちろん、地球の歩き方は発売されているので行かれる方は必須です!

スポンサーリンク