プライスタ― の使い方を徹底解説【せどりに必要不可欠です】
スポンサーリンク

こんばんは、セドリビト(@sedoribito0315)です。

今回はせどりで使用しているツール「pricestar」について紹介していきたいと思います。

プライスターって何ができるツールなの?

プライスターの使い方が知りたい!

月額いくらするの?

こんな疑問について解説していきたいと思います。プライスターを使いたいと思っている方はぜひ参考にしていただけると嬉しいです。

スポンサーリンク

プライスタ―ってどんなアプリ?

プライスタ―とは簡単に言うと、

amazonの出品作業や価格設定などを自動で行ってくれる

ツールです。

 

せどりを行っていると、商品の出品数が非常に多くなります。手作業で行おうとすると出品作業や価格変更作業、取引後の評価メールなどすべて自分で行わなければいけません。これらの作業を効率的に自動的に行ってくれるのがこのプライスタ―です。

 

それでは、具体的にプライスタ―の便利機能について紹介していきたいと思います。

自動出品機能

プライスタ―では仕入れした商品の出品が簡単にできます。

商品の仕入れの数が100個以上になった場合、amazonから登録しようとすると

1.商品を登録
2.価格を設定
3.出品

という流れを商品分行わなくてはなりません。

 

時間がかかりすぎるな・・・・

 

しかし、プライスタ―では一度に複数の商品を出品することができるため、大幅に時間短縮ができます。

また出品する際に商品のコメントをあらかじめ登録しておけば、コンディションごとに自動でコメントが挿入できます。まず第一段階の出品作業が非常に早くになります

価格改定機能

amazonでは1つの商品を複数の出品者により販売していくのが一般的です。自分が出品した金額よりもライバルの出品した金額が低ければ当然自分の商品は売れづらくなります。

 

このような場合に、最低価格に合わせて自動で価格を改定するという機能があります。これにより常にamazonの価格変動を見ていなくてもプライスタ―が自動で行ってくれるので、相場に合わせた価格で常に販売することができます

 

また、これ以上価格を下げたくないという場合には「赤字ストッパー」という機能があり、最低価格を設定し赤字を出すのを防ぐという便利な機能もあります。

売上自動計算機能

こちらがプライスタ―の「売上集計画面」です。

このように、「販売数」「売上金額」「利益額」などが時間ごとに表示できるため、

・いつどのくらい利益が出たのか?
・何商品売れたのか?

を一目で確認することができます。

こちらは商品一覧画面です。

商品ごとの粗利や出品価格が詳細まで確認できます。

サンクスメール機能


amazonでは「評価」ってとても大事な要素になってきます。

 

同じ価格の同じ商品を買う場合

評価が高い出品者と低い出品者だったらどちらから購入しますか?

 

当然高い出品者からかいますよね。顔の見えないネットの世界だからこそ出品者の「評価」を購入者は意識します。

 

しかし、ヤフオクやメルカリのように商品を受け取ったら「評価」をして取引が完了!といった仕組みがamazonにはありません。

 

そのため、ほとんどの方は商品を買っても評価をしてくれないケースがほとんどです。(クレームの場合はされる可能性ありますが)。

 

しかし、プライスタ―では取引が終わったあとの「サンクスメール」を自動で送信設定することができます。送信日時も指定できますし、メール内容も編集することができます。

このサンクスメールを利用することにより評価をしてくれる購入者は大幅に増えるというわけです。出品経験が少ないうちは少しでも評価をもらい、購入者が買いやすいアカウントに育てていく必要があります。

スポンサーリンク

プライスタ―の料金はいくら?

さてここまで「プライスタ―」の便利な機能を紹介してきました。

価格ですが、現在月額4800円で利用することができます。

また申し込んだ日から30日間は無料で利用できます。正直4800円でここまで機能が充実しているので、個人的にはとてもコスパの良いツールだと思います。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

せどりを始めた当初は

なるべくコストをかけずに始めたいなぁ・・・

という気持ちが強く有料ツールを入れるのはためらう気持ちはわかります。

 

しかし、実際に作業をしてみると出品作業は想像以上に時間がかかることがわかります。

 

仕入れるだけが仕事ではありません。それを納品してamazonで売れて初めて仕事の対価としてお金が入ってくるわけです。

どんなに利益がいい商品を仕入れることができても出品作業に多く時間がかかってしまえば

あれ?結局おれの時給300円じゃん・・・・

ってことにもなりかません。

 

プライスターは月額4800円かかってしまいますが、出品作業時間を別の仕入れをすることで、ツール費用は余裕でペイできると考えています。

 

大きく稼ごうと思えば、だれでもできる単純作業はできるだけ自動化するべきだと思っています。

自分にしかできない部分で利益を生み出しましょう!まずは1か月無料ですので、仕入れを始めるタイミングで試しに使ってみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク