第5回 WordPressブログを作る方法 ~最低限の設定を行う~
スポンサーリンク

こんにちは、狛江人(@komaebito)です。

いよいよ、WordPress作成講座最終回の第5回になりました。ここでは、WordPressブログを作っていくうえで、必要最低限の設定をご紹介していきたいと思います。

まだあるの・・・・・?

早くブログを作りたい気持ちはわかるけど、
あとあと楽なので設定だけは、ぜひはじめにやっておこう。

では、最後の講座ですね。さっそく進めていきたいと思います。

前回までの記事
スポンサーリンク

WordPressブログ作成における全体の流れ

では、ブログ作成するにあたってどのような流れがあるのか簡単に説明していきたいと思います。

今回は、最低限のWordPressの設定を行うを紹介していきたいと思います。

~準備編~
第1回.サーバーの契約をする(エックスサーバーを利用)
第2回.ドメインの契約をする(お名前.comを利用)
第3回.契約したサーバーにドメインの定を行う
~実践編~
第4回.契約したサーバにWordPressをインストールする
第5回.最低限のWordPressの設定を行う。
↑今回やること
スポンサーリンク

WordPressの設定を行う

WordPressにログインする

前回WordPressインストール時に表示されたログインURLからログインを行います。

「http://自分のブログドメイン/wp-admin/」でログイン。
※狛江人の場合には、「http://komaebito.com/wp-admin/」になります。

URLをHTTPからHTTPSに変更する

前回独自SSL化を行ったと思いますので、URLは、httpsから始まるアドレスに変更を行います。

WordPressの「設定」から「一般」を選択する

右のメニューの「設定」から「一般」を選択しクリックします。

 

一般設定画面から「WordPressアドレス」と「サイトアドレス」のURLをhttpsに変更

設定画面より、下記の2つのURLを「https」から「https」に変更します。

入力後は、下部にある「変更を保存」ボタンを押下して完了です。

パーマリンクを設定する

次はパーマリンクを設定していきます。パーマリンクというのは、記事のURLのことです。

今後ブログを作っていく上では、記事ごとにURLが異なっていくわけですが、この際にWordPressでは自動的にURLを作ってくれます。これの設定を行います。

なんのことかよくわからない・・・・
そんな方もいるかもしれませんので、まずは進めてみましょう。

「設定」から「パーマリンク設定」を選ぶ

 

パーマリンク設定画面の共通設定で「投稿名」を選択し、「変更を保存」を選択する

パーマリンク設定画面にて「投稿名」で設定を行います。

日付や基本設定だとあとで何の記事かわからなくなってしまうため、自分はこちらの設定にして、タイトルを英語に変更して設定しています。

例えばこの記事であれば「WordPressの設定を行う」目的の記事なので「settings_of_wordpress」というURLを語尾に着けています。

記事に目次が自動的につける

ブログには「目次」が絶対に必要です。ブログを読んでいる人はすべてを読むほど暇人ではないのです。そのため、ブログの冒頭に「この記事にはこういう項目の内容がありますよ」という目次を設定する必要があります

下記のようなものを見たことがありますよね?では早速設定していきましょう。

プラグイン「Table of Contents Plus」の設定を行う

「設定」から「TOC+」を選択します。

「Table of Contents Plus」の設定を行う。

まずは「基本設定」のタブを開き、下記設定を行います。あくまで個人の好みもあるのでお任せですが、自分の設定は下記のとおりです。参考にしてみてください。

位置:最初の見出し前(デフォルト)
表示条件:「2」つ以上見出しがあるとき
以下のコンテンツタイプを自動挿入:postpageにチェック
見出しテキスト:
・目次の上にタイトルを表示にチェック
・ユーザによる目次の表示・表示を切り替えを許可にチェック
テキストを表示:「開く
テキストを非表示:「閉じる
最初は目次を表示:チェックしない階層表示:チェック
番号振り:チェック
スムーズ・スクロール効果を有効化:チェック外観
横幅:「自動(デフォルト)」を選択
回り込み:「なし(デフォルト)」を選択
文字サイズ:95%
プレゼンテーション:水色

続いて「サイトマップ」の設定を行う。

固定ページリストを表示:チェック
カテゴリリストを表示:チェック
見出し:見出しはh「2」としてマークアップする
固定ページのラベル:Pages
カテゴリページのラベル:Categories
上記で一通りの設定は完了です。
スポンサーリンク

WordPressのテーマはどれがオススメ?

最後に、WordPressは様々なテーマというものが用意されています。有料のものから無料のものまであります

いろいろありすぎて迷っちゃうな・・・・

え・・・有料のものもあるのかぁ・・・もったいないなぁ
とブログを始めたころは自分も思っていました。正直、「どれが一番いい!」とも言い切れるものではないですし、それぞれの好みだと思います。
自分は初めは無料テーマを使用していましたが、使用して半年ぐらいたってからいろいろ検討した結果、「DIVER」というテーマに変更を行いました。

SEOに強いDIVERテーマ

Diverは、初心者でも簡単に利用することが可能な高品質高機能なハイスペックワードプレステーマです。実際に、企業に納品してきたノウハウと技術をすべての人に利用可能なWordpressテーマとして最適化いたしました。知識だけで作られたテンプレートは山ほどありますが、実績に基づいて作られた内部構造や無駄の無い美しいデザインはとても洗練されています。また、私たちだけの実績知識だけでなく、Diverを利用していただいているすべての方の実績に基づくノウハウがすべて詰まっております。皆様で作り上げたWordpressテーマといっても過言ではありません。

常に進化していくWordpressテーマだから完成予定は未定です。常に最善で最高のテーマであり続けるために、インターネットがなくならない限り、Diverはバージョンアップを続けていきます。そのスピード感とWeb技術・洗練されたデザインを実感できるのは、WordpressテーマDiverだけです。

SEO対策にしか頼れないサイトが非常に増えた影響で、検索しても正確な情報が得られないような時代になってきてしまっています。サイトの集客はSEO対策だけではありません。つまらないサイトを量産するのはもうやめましょう。質の高いサイトを構築してサイトの価値・信頼感が高まっていくのを実感してください。

DIVERホームページ
値段は17980円と決して安くはありません。

え!?そんなにするの?

確かに安くはないけど、1度購入してしまえば、何サイトにも適用できるから便利だよ。
現在ブログを複数運営していますが、どれもDIVERのテーマで作成・運営しています。見た目は、無料テーマの数倍かっこいいのは間違いないです。一度DIVERに慣れてしまえば、別のテーマに戻れないかもしれません。
無料テーマから有料テーマに変更すると、有料テーマ特有のやり方などがあるため、慣れに少し時間がかかります。そのため、途中から有料テーマに切り替えようと思っている方には、初めから有料テーマを使用することをお勧めします。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は5回にまとめて、WordPressブログの作成講座を行ってきました。無事にブログが作れましたか?

慣れてしまうとこれらの設定は30分もしないで完了してしまいます。ので、あとは「ひたすらブログを書くのみ!」です。これが想像以上に大変なんですよね。

1日1記事書くぞー!
と意気込むのもいいのですが、まずは慣れるために2-3日に1記事書いていくところからスタートしてみてはいかがでしょうか?
ブログテーマも自分の書きやすいジャンルやカテゴリのほうが後々長く続きやすいので、途中で挫折しないためにも緩く長くやることをお勧めします。

WordPressで楽しいブログ生活を!
WordPressブログ作成講座1回~4回
スポンサーリンク